株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

「最適な綴じ方」で製本いたします

皆さまが日頃手にする本には何種類かの「綴じ方」が存在しますが、本の用途によって使い分けられます。イシダ印刷がお受けする製本は主に「無線綴じ」という方法です。教育関連施設で使われる教科書や要項の他、新書、文庫本などがこの綴じ方で、私たちが最も得意とする方法でもあります。上製本に比べて製造コストを抑えられることと、軽量なので持ち運びに適しています。紙を束ねた背の部分には「ホットメルト」と呼ばれる糊を使用して貼り合わせ、表紙はその束ねた部分を覆うように一枚の用紙でくるむことから「くるみ製本」とも呼びます。
さらに強度を増したい場合には「見返し」という紙を、表紙を開いた部分と1ページ目をつなぐように貼り合わせます。「見返し」を施すことによって表紙の強度が増し、折れ曲がりなどを軽減するメリットがあります。さらにカバーをつけ、帯を巻くと見た目にも「本」としての完成度が高くなり、そのまま販売しても差し支えない装丁となります。

09_img_01
「無線綴じ」に「見返し」を施し、表紙を強化

 

「無線綴じ」以外には、「中綴じ」「平綴じ」などの方法があります。半分に折った紙の折り目部分をホッチキス留めする方法が「中綴じ」です。こちらは主にページ数が少ないものに使用され、ノートや通帳、楽譜など本を開いた状態で使用するものに適しています。また紙を束ねた部分を糸や針金でかがる方法が「平綴じ」です。
綴じ部分をさらに強化する場合は「PUR」という糊を使用する方法もあります。これらは製本の用途別に使い分けることをおすすめしますが、部数によってはかなりコストが高くなる場合があります。

 

カバー帯

イシダ印刷ではお客さまのご希望を最優先し、その中で使用目的とご予算に合う製本方法を提案させていただきます。製本させていただけることは私にとって最大の喜び。少しでも良い方法で作らせていただけるなら本望です。私が直接窓口としてご相談に応じます。おしゃべり好きの私、石田秀樹とぜひお話しませんか!?

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから