株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

より高級感のある仕上がりにする「片面PP加工」 ~オプション加工について知ろう(3)〜

イシダ印刷では、パソコンやスマートフォンをお持ちであれば、ご注文いただく前に「御見積」フォームをご利用いただくと便利です。わざわざ足を運んでいただいたり、電話でお問合せしていただいたりしなくても、インターネット上でおおよその費用をご提示しています。

予算があらかじめ決まっている場合などは、紙の種類やページ数、印刷部数を調整しながら仕様を決めていただけますので、大変便利です。

ただし、「御見積」フォームにはさまざまな選択項目や決定事項を入力していただく必要があります。

pp加工「御見積」フォームについてのオプション解説シリーズ、今回はオプション加工の項目の中の「片面PP加工」についてです。「PP加工」の「PP」とは、ポリプロピレンフィルム(Poly-Propylene Film)のこと。ポリプロピレンとは主におもちゃや文房具、シャンプーの容器などに使われており、日用品としては皆さまの生活になじみ深いプラスチック素材のひとつです。速乾性があるという特徴を持つことから、衣類やオムツなどの繊維素材としても使われています。

また強度が高いという特徴もあり、見た目にも透明性が高いので、デザイン加工をする上でも重宝されています。容易に薄く加工ができるという特性もあり、フィルムやシートとして活用されています。

 

より「本らしい」仕上がりを求める方に最適

冊子の世界では、このPPの特性を生かし、紙の表面に貼り付けることによって光沢感や保存性を高める加工を施すことがあります。特に表紙に使用すると高級感が出ますので、より、本らしく仕上げるためにはおすすめの加工です。

御見積フォームの「片面PP加工」の項目の「あり」の方を選択していただくと、「PPクリア」と「PPマット」のどちらかを選択していただける項目が現れます。PP加工にはいくつかの種類がありますが、イシダ印刷では光沢感の出る「PPクリア」と、ツヤ消し効果のある「PPマット」の2種類からお選びいただけます。用途に合わせて選択してください。

より高級感のある冊子に仕上がるPP加工ですが、実は弱点があります。ひとつは「水に弱い」こと。耐水性を持たせるためにPP加工を行うことはおすすめできません。

また、PP加工は基本的には熱で圧着します。ユポなどの石油合成紙ではPP加工を行うことで紙がよれるなど、用紙そのものが変成してしまうことが避けられません。この点を考慮していただき、より有効にPP加工をご利用いただければ幸いです。

PP加工についてもっと知りたい方はぜひイシダ印刷にご相談ください。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから