株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

小冊子のまとめ方、入稿までの進め方(企画や予算、データ作成)

小冊子のまとめ方

小冊子は手軽に手にとってパラパラと眺められ、配布しやすく、長期保管もできます。紙の手触り、存在感はウェブサイトやデジタルデータとは違った魅力があり、ビジネスの販促活動やクリエイティブの表現方法として小冊子が活用されています。

必要な情報をコンパクトにまとめたマニュアルや資料集、PRのパンフレットや会社案内、作品をまとめた写真集・イラスト集・小説・詩集など、様々な小冊子の用途があります。個人の活動でも、同人誌はもちろんアート系のZINEなど小冊子制作の流行もあり、アナログな冊子の魅力が見直されています。

この記事では、小冊子を作るにはどういう手順で進めればいいのか、小冊子の内容をまとめる基本を紹介します。

企画を立てる

最初に始めるのは「企画を立てる」ことです。
個人で作る小冊子でも、部署やチームで作る小冊子でも企画は大事です。

 

たとえば、冊子には「講習会で配るテキストを作りたい」「お客様に配布する製品カタログを作りたい」「旅の思い出をまとめて友達に配りたい」などなど、いろいろな目的があります。目的に合わせてデザイン、冊子のサイズ、用紙なども変わってきます。

どんな人がどんな用途で読む冊子なのか、どんな情報、ビジュアルを掲載するのか、テーマやコンセプトを決める企画段階である程度固めておきましょう。

 

印刷の予算を把握する(サイズ、ページ数を決める)

小冊子の企画が決まれば、次は冊子のサイズやページ数を検討して、印刷費の予算を立てます。

無料で配布する小冊子なのか、販売するなら一冊の価格はどうするか、部数はどれくらい必要か、大まかに決めておきましょう。

 

次に小冊子のサイズ、ページ数、印刷する部数を決めます。
同じサイズ・ページ数でも表紙や本文の紙、また納期によって印刷費は変わります。自動お見積りを使って色々条件を変えながら印刷費の予算を検討すると便利でスムーズです。

冊子印刷の見積もり

小冊子のサイズは最初に決めておかないと、1ページに入る文字数や、レイアウトする画像のサイズが変わってしまうので、デザインを始める前に決定しましょう。ページ数や用紙などは後から多少変わっても、印刷費は変動しますが、デザインやデータ作成に問題ありません。

本一冊の文字数は?1ページの文字数や背幅、最適な文字サイズ、行間から考える
1ページの文字数、1行の文字数の設定はどうする?

 

「台割表」を使って小冊子の設計図を作ろう

台割表にノンブルと通し番号を分けて記入しておくと便利!

原稿を1ページ目、1文字目から書き始めうようとしても、なかなかうまく進みません。

小冊子の原稿作成には台割表があると、とても便利です。
台割表はどのページに何をが掲載され、紙の種類、印刷の色、ページ番号などを一覧にした表です。

台割表があれば、小冊子全体を把握できます。
変更や追加など編集しやすく、制作の進行状況も整理しやすくなります。また、印刷の発注ミス(ページ数や色数、オプション加工の指定など)も防止できます。

 

冊子のデザイン、データ作成は、かんたんに台割を作って、どのページにどんな内容を入れるかざっくり決めておきましょう。進行に合わせて、詳細を書き込んでいくと良いでしょう。原稿をスタッフや共著者に依頼する時も、台割を共有して説明できるとコミュニケーションがスムーズです。

台割り表の作り方【本・冊子の原稿データ作りの手順】

 

原稿データを作成する

台割表を元に、原稿を作っていきます。

制作の過程でページ数が多少増減することもあります。ページ数は、中綴じ冊子は4の倍数、その他の製本方法の無線綴じ冊子リング製本は2の倍数で増やしていきます。

 

入稿用のデータになっているか確認しよう

小冊子の印刷、製本をネット印刷や印刷会社に注文するときは、原稿データを「完全データ」として、修正や加工の必要のない、印刷製本できる状態のデータにして入稿します。

 

注文したサイズとページ数が合っているか?カラーモードはCMYKか?裁ち落としデザインは塗り足しをつけているか?など、様々なチェックポイントがあります。ネット印刷のWEBサイトには、入稿データの作成について決まりが記載されています。データ作成前、入稿前に必ずチェックしておきましょう。

WEB入稿、入稿データの作成について(イシダ印刷 ご利用ガイド)


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短9月28日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから