株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

文庫の印刷製本

文庫本 様々な出版社が出している文庫はサイズが105×152で、無線綴じのシンプルな製本にカバーがかかっています。カバーの紙に独特の風合いのあるファンシーペーパーを使用したり、箔押しやニス加工をしたり、少し凝った装丁の文庫本が出版されることもありますが、大抵統一された仕様で、製作コストを下げ、広く流通するように作っています。

書店で流通している文庫本は大抵カバーがかかっていますが、製作コストがかかります。安価に抑えたい場合は、カバーなしでも十分に本格的な文庫に仕上がります。その場合は、表紙の紙を集めの風合いのあるものにするとより存在感が出るでしょう。

余白を生かしたい詩集や、グラフや解説図などを挿入する論文、エッセイなどは細長い新書サイズ(110×173)もおすすめです。新書サイズで一行が長すぎると感じた場合は、上下二段組にするとすっきりおさまります。

おすすめの本文用紙

文庫サイズの冊子印刷は、ある程度ページ数があった方が様になります。そして、ページ数の多い本を読ませる時は、めくる時のストレスがなるべく少ない紙を選ぶのが定石です。最も安価でポピュラーなのは上質紙で、55Kか70Kの薄手のものを使用します。ページ数が200を超えるような作品の場合、背幅が厚くなりすぎると持ちにくいので、55Kに抑えるといいでしょう。逆に、背幅おすすめなのは書籍用紙で、上質紙よりもなめらかで程よく手に吸い付くのでめくりやすく、色は淡いクリーム色に着色されているので目に優しく、長文を読んでも疲れません。書店で流通している文庫も大抵泡クリームの書籍用紙を使っています。色上質紙で見返しをつけるとさらに本格的な仕上がりになります。

おすすめの表紙

文庫の表紙といえば、定番は色上質紙です。黄色や茶系の紙に黒一色で飾り罫やタイトルをデザインすると、シックでクラシカルな印象になります。カラーバリエーションが豊富でくせのない平滑な表面はどんな内容の冊子にも合います。また、安価なので非常に使いやすい紙です。もう少し高級感を出したい時は、レザックを使用すると厚みも出て存在感が増します。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから