株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

次世代の製本糊 PURとは?

印刷技術は日々進化していますが、製本技術も一昔前とは違います。

特に最近注目されているのはPURです。PURとは、無線綴じの背表紙を固める最新の糊の種類です。PUR系の接着剤を使った無線綴じは、従来の無線綴じ比べて丈夫で開きやすく、環境に良いという特長があります。

PUR製本

本記事はPUR製本について言及しておりますが、通常のお見積もりページとは別の窓口で承っています。
 ご相談は下記よりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

開きやすくて丈夫な本を作る糊

古本屋や図書館で昔の本を手に取ると、ページがぱらぱらと落ちてきたり、背表紙が剥がれてベトベトになっていたりしませんか。あれは背表紙の糊の強度が弱く、熱に弱いせいです。

本は様々な糊で作られてきました。古くはでんぷん糊から、加熱しないで使えるボンド、熱可塑性プラスチックを溶かして使うホットメルトなど色々です。

開きやすくて丈夫な本を作る糊

現在でも印刷・製本業者によって使うものは微妙に違うので、開いて比べてみると面白いでしょう。

現在、無線綴じ製本ではEVAEthylene Vinyl Acetate)という樹脂が使われていることが多いです。製本用途に使われる糊はより丈夫に溶けにくく進化してきたので、EVA系の糊でも大きな問題はありません。

しかしさらに進化したPUR糊と比べると、糊の強度や薄さが違います。

PURはどんな接着剤?

PURとは「Poly Urethane Reactive Hot-melt Adhesive」の略です。反応性ポリウレタン系ホットメルト接着剤という意味です。もともと建築や車の内装などで使われていた接着剤だそうです。つまり非常に接着力が強く高性能で、人体にも優しいということですね。

糊の強度が高いので薄く塗布するだけで本文をしっかり接着できます。

それゆえに開きやすくて、ノドの隠れる部分が少ないのが見た目の特徴です。

PURはどんな接着剤

また、熱に強いので長期保存してもページがバラバラになったり背表紙が溶けたりしません。

熱に強く溶けにくい性質は古紙リサイクルの際にも役立つので、環境配慮型の糊とされています。

環境配慮製品 PUR製本の糊の特徴

本記事はPUR製本について言及しておりますが、通常のお見積もりページとは別の窓口で承っています。
 ご相談は下記よりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短8月24日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから