株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

PUR製本と無線綴じの違い

※本記事はPUR製本について言及しておりますが、通常のお見積もりページとは別の窓口で承っています。  
    ご相談は下記よりご連絡くださいますようお願い申し上げます。


PUR製本は、無線綴じより強度・耐熱性に優れた糊を使用する製本のことです。

PUR製本と無線綴じの違いは糊の種類

無線綴じもPUR製本もおおまかな作り方は同じです。

本文の束を表紙用紙でくるんで、背表紙とノドを糊で圧着します。針金も糸も使わずに綴じるので「無線綴じ」と言われます。

PUR製本と無線綴じの違いは糊の種類

針金を使う中綴じと違って大量ページもすっきり綴じられるので、文庫本や雑誌など、ページ数の多い冊子の定番です。

無線綴じについて下記もあわせてご覧ください。

激安で本格派・無線綴じ

PUR製本は、無線綴じの進化版のようなものです。

通常の無線綴じより接着強度の高い反応性ポリウレタン系の接着剤を使用します。

PURとは「反応性ポリウレタン系(Poly Urethane Reactive)」の頭文字を取った呼び名です。

PUR製本の優れたポイント

PUR製本は、糊の接着強度の高さが一番のポイントです。

無線綴じの糊も本をしっかり製本するのに十分な強度ですが、PUR印刷の糊はそれの進化版とでもいいましょうか、長期保存しても糊が溶けてベトベトになったり、ページが剥がれたりする心配が少ないです。

無線綴じの欠点を改善

無線綴じはある程度糊の厚みがないと本文がしっかり接着できないので、背表紙と本文の間に糊の層があります。この糊の層によって見開きが180度開かず、ノドが数ミリ見えなくなります。

ページ数が多くなればなるほど見開きは開きにくくなり、ノドの1020mmは余白を設定する必要があります。

しかしPUR製本は糊の塗布量が少なくてもしっかり接着できるので、糊の層が薄くなり、ノドが開きやすくなるのです。

ノドが開きやすいと書き込みをする時にも便利ですし、コピーも取りやすいです。

PUR製本は糊の塗布量が少なくてもしっかり接着できるので、糊の層が薄くなり、ノドが開きやすくなる

環境にも優しい

無線綴じの糊はもともと個体で、高温で溶かして紙に塗布します。PUR印刷の糊も溶かす必要がありますが、溶解温度は無線綴じの糊よりも低めなので、電力消費を抑えられます。

また、一度固まると高温でも溶け出すことがないという性質を持っている糊なので、古紙リサイクルの溶解工程で紙が溶けても糊は固体のまま残り、容易に取り除くことができます。

そのため、日本印刷産業連合会ではリサイクルしやすい「環境配慮型製本のり」に指定されています。

※本記事はPUR製本については言及しておりますが、通常のお見積もりページとは別の窓口で承っています。  
    ご相談は下記よりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短12月16日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから