お電話でのお問い合わせはこちらから
らくじひの企画ページはこちららくじひの企画ページはこちら

本の流通のしくみについて

できあがった本は、書店の持ち込めば棚に並べてもらえる…そんな単純なものでは実はないのです。あまり知られていない、一般的な商業出版の場合をベースに、本の流通のしくみの摩訶不思議な世界をご紹介いたします。

 本が読者に届くまでのプレーヤーはどれくらいいる?

本が読者に届くまで、一般的にはどれくらいのプレーヤーの存在が関係しているのか、ご紹介します。

著者

本の書き手です。
書く人がいないと、読む人は生まれません。
これはわかりやすいですね。

出版社

本の作り手です。
書き手と直接関わっていくのは出版社で、商品の管理も出版社が行います。
窓口的役割を果たす存在です。

印刷会社

出版社からの依頼を請けて印刷製本をします。
本を作ることに特化して、流通に直接関与することはありません。

取次会社

本の流通の関所です。いわゆる卸の機能を果たしています。
出版社から納入された本を、どこの書店に何冊置くかの判断を取次会社が行っております。
つまり、本流通全体のコントロールタワー的役割を果たしています。

書店

取次会社から納入されてきた本を販売をするところです。
読者と直接かかわるのは書店です。
ネット書店も同じです。

一冊の本が読者の手元に渡るまでに、これだけのプレーヤーが存在します。

 本の流通の関所「取次」の存在

プレーヤーの中に登場する「取次」。本の流通ならではの存在で、関所的存在です。
この関所をくぐらないことには、その先に進むことはできません。
この本独特の「取次」について、もう少し詳しくご説明します。

本流通のコントロールタワー

本は、日本では数少ない「定価」で販売されています。定価の設定は出版社が設定(商業出版の場合)し、小売りにそれを拘束させています。その代わりに委託販売というしくみで販売し、返本を可能にしています。
それに、書店の棚を見ると、とてつもない数のタイトルの本が並んでいます。しかも、1タイトル数冊陳列しているものは少なく、ほとんどが1タイトル1冊か2冊だったりします。この状態で、各出版社に発注・在庫管理していては、煩雑すぎてとても作業が追いつきません。しかも、これらを全部買い取って販売すると、あまりにもリスクが高すぎます。
ですので、委託販売というシステムを活用し、取次会社に間に入ってもらうことで、書店の業務を効率化させているのです。
ただ、それだと取次会社のリスクがどんどん高くなります。ですので、取次会社が、各書店の販売実績などのデータを活用し、どの書店にどの本を何冊置くかを調整しているのです。
例えば、幼児向けの絵本を幼児が少ない街にたくさん置いても売れる可能性は低いですよね?そういうデータを収集して活用し、書店に配本しているのです。
そういう重要な役割を果たしています。

本の流通の関所「取次」の存在

 実際の本が読者に渡るまでのしくみ

それでは、実際に本がどのように読者の元に渡っていくかご説明いたします。
Amazonに関しては少し一般的な場合と違う構造になっているので、分けてご説明いたします。

一般的な書店流通の場合(ネット書店も含む)

一般書店(ネット書店も含む)での流通は、上記のプレーヤーがフル参戦します。

実際の本が読者に渡るまでのしくみ

著者様の執筆活動などは除いて、本が出来上がってからの、流通の流れは、出来上がった本を、出版社が取次会社に配本し、取次会社がそれぞれの書店に振り分けて、店頭に並んで、読者の手に渡ることになります。
これはネット書店も同じで、店頭に並ぶか、ネット上のデータベースに反映されるかの違いがあるだけです。
このシステムを活用して、流通させる場合は、ある程度まとまった冊数がないと、活用できません。

らく楽自費出版工房の場合は、300冊以上です。

Amazonに流通させる場合

Amazonの流通システムは主に2通りあります。違いは取次会社を通すか通さないかです。

Amazonに流通させる場合

Amazonに関しては、出版社から直接Amazonへの配本が可能です。
もちろん、取次会社を通しても構いません。
どっちの方法でAmazonに配本するかは、それぞれの出版社の方針と、その本の冊数などによって違います。
Amazonに出版社から直接配本する場合は、少ない冊数からでも流通が可能です。
らく楽自費出版工房では、Amazonへの流通は、直接配本を採用し、
1冊から配本
しています。
実際には1冊だけ配本というケースはありませんが。

注意事項

いずれの場合も、できあがった本が一瞬にして全冊流通されるわけではありません。500冊作っても、最初の配本は300冊しか配本されないというケースは普通にあることです。その場合は、出版社のほうで在庫として保管することになり、状況に応じて配本していくということになります。

 実はもう一つの配本がある

できあがった本がどのように流れるかのご説明をしてきましたが、実はもう一つ上記の流れとは違う配本方法があります。それをご説明いたします。

流れてきた本には2通りの意味がある

書店に流れてきた本には、実は2通りの意味があります。それは、委託販売の本か、注文販売の本かということです。

委託販売

実は書店は、本の販売に関して、「委託」で販売しています。わかりやすく言うと、「代わりに売っている」わけです。書店は、その本を買い取っているわけではないのです。返本が可能なのはこういうことからです。
書店に並んでいるほとんどの本は「委託販売」の本です。

注文販売

出版社の営業活動の成果であったり、読者からの希望であったりして、どうしてもその本が必要になった時は、書店側から出版社に直接発注がかかることがあります。これを注文販売と言います。
だからといって、返本不可なわけではありません。売れなければ返本されます。
ただ、直接発注している以上、その扱いはちょっと他とは違う扱いになることがあります。

 らく楽自費出版工房での配本は3通り

以上の点を踏まえて、らく楽自費出版工房では3通りの配本システムをご用意しています。

著者様指定場所
に納品

著者様が指定する納品場所(1ヵ所・複数ヵ所)に納品します。販売を目的としない場合や、イベントなどで使う場合は、このケースです。
複数ヵ所に分納も可能です。

Amazonに
配本

Amazonに配本します。
らく楽自費出版工房では、こちらをメインにしています。
1冊から配本は可能ですし、著者様指定場所へ納品と分けることも可能です。

書店に配本
(各ネット書店もこちら)

書店に配本します。
らく楽自費出版工房では、300部以上からで、オプション扱いとさせていただいております。(別途料金がかかります)

ご予算や、製造冊数に応じて、どの方法を選択するかを決定してください。

 返本された本に関して

一定期間を経て販売されなかった本は、出版社の方に返本されてきます。
この返本された本の行方は以下の通りです。

1

そのまま倉庫に
再保管

2

再生処理して
再度流通

3

著者にて
引取

4

断裁処理にて
処分

いずれのケースも費用がかかりますので、出版契約を結ぶ際に、その方法と費用の負担方法をご相談させていただくことになります。
最終的に、契約期間を終了した本に関しては、断裁処理して処分することになります。

その他、本の流通に関して、疑問点や確認したいことがありましたら、お気軽にご相談ください。

こんな本を書いてみませんか?