投稿日:2022.04.19 / 最終更新日:2022.07.05

    学習法関連本を自費出版したい方へ

    日本の受験制度は究極の平等?

    現在の日本では、高校や大学に入学するには、スポーツ推薦などを除いては「受験」という関門をくぐりぬけることでしか達成できません。その「受験」をくぐりぬけるために必要なことは「学力」です。

    受験でいい成績を出すことがすべてで、誰でも条件は同じです。ある意味、究極の平等ともいえる制度です。(AO入試は必ずしも、これに当てはまるわけではありません。)

    いい成績を出すためには、「勉強する」しか方法はありません。わかることをひたすら増やしていくしか方法はないのです。

    学習法関連本を出版したい方へ

    ドラゴン桜を再現させるテキストは作れるか?

    勉強の方法として有名なものは、大人気ドラマの「ドラゴン桜」や、本がベストセラーになった「ビリギャル」などがあります。

    いずれも、もともと低かった偏差値を、決められた期限の中で一流大学に合格できるほどの偏差値まで上げて、見事合格というストーリーです。

    ここからも見て取れるように、低い偏差値を高い偏差値まで持っていくために、どういう勉強法を活用するかというのが重要なポイントです。というより全てです。

    これらのような過程を、別の方法で再現できれば、ヒットする可能性は高いです。それは、長時間かけて達成させる方法もあれば、短時間で達成させる方法もあるでしょう。いずれにしても、高打率を残せる可能性の高いカテゴリーの一つであることに変わりはないかと思います。

    「偏差値40から東大合格のための勉強法!」みたいにキャッチ―なタイトルをつけてもタイトル負けしないくらい充実した内容なら最高ですよね。

     

    受験に限らない!いろんなことに応用したい、いい勉強法

    勉強法を知りたいのは受験を目指す人に限ったことではありません。社会人や経営者も、流れていく情報を効率よく吸収してアウトプットできなければなりません。本を読み、新聞を読み、テレビやラジオも活用し、もちろん最近ならばYouTubeも活用するという世界に突入しました。

    そんな状況において、仕入れた情報を離さないようにするために、いい勉強法を活用したいと考えている人は多いはずです。

    オールマイティに使える勉強法を提供することができれば、ヒット率も上がりますし、出版した暁には、企業に講演やセミナーなどにつながる可能性も広がります。それくらい需要は多いと考えて問題ないでしょう。

     

    速読やフォトリーディングみたいものもOK

    かつて、速読やフォトリーディングのように、本を早く読むことができて記憶に定着できるみたいな学習法が流行った時がありました。今も速読教室などはやってますよね。

    そういう類の学習法で新しかったり、まだ世間に認知されていなくてオリジナリティなものがあれば、本にするべきだと思います。

    現代は、いつも時間に追われながら生活している時代です。時間が少ないのです。そんな時代において、短期間でインプットできるノウハウは貴重です。そういうアイデアがあれば、ぜひ本にしてほしい。そう思います。

     

    いつの時代も学びたい「欲」は変わらない

    どんなに時代が変化しても、どんな人でも学びたい「欲」に違いはありません。違うのは、学びたいものの「内容」だけです。それはオフィシャルなことでもプライベートなことであっても。

    デジタルツールがいろんなことを解決してくれる時代になったとはいえ、そのデジタルツールの活用法を学ばないと、解決はできないのです。特にWordやExcelなどのパソコンのアプリケーションなどは最たるものだと思います。

    結局は、どんな時代になろうとも、学び続けたいし、学び続けるしかないのです。

     

    スペシャルな学びの世界にいざなってくれる一冊を作ってみませんか?

    受験対策であろうと、偏差値右肩上がりのためだろうと、日々の学びであろうと、人の学びの手助けを担ってくれる一冊、そんな本の実現のために、らく楽自費出版工房をぜひご活用ください。そして、その一端を担わせてください。

     


    学習法関連本を出版したくなったら、らく楽自費出版工房にぜひご相談ください。

     

     

     


     

    こんな本を書いてみませんか?