株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

「花ぎれ」とは? 「小口」とは? ~本の専門用語を知って冊子づくりをより楽しく~

冊子づくりを始めるにあたって、ぜひ知っておきたい用語があります。それは冊子の各部分の呼び名です。もちろん知らなくてもつくることはできますが、知っておけばより自分の理想とする「こだわり」を冊子に盛り込むことができます。印刷会社スタッフとの会話もスムーズになることでしょう。

知っておいてきっと損はありません!

本の各部の名称

小口(前小口)

本を開く側の手前部分

 

見返し(効き紙、遊び)

表紙と本文の用紙をつなぐ部分に接着される紙。一般的には表紙や本文とは違う色の紙を使用される。「効き紙」は表紙側に貼り付ける部分、「遊び」は本文側の貼り付けていない方の部分を指す。

 

カバー

表紙を覆うようにかけられる紙。本の印象を決める役割が大きく、デザインや質感にこだわりが求められる場合が多い。「ジャケット」とも呼ぶ。

 

表紙の上に巻く細い紙。本のキャッチコピーや推薦文など宣伝文句を書く。書店に流通させる場合には必要。通称「腹巻き」。

 

のど

本の綴じ側。小口の反対部分

 

本の上部分

 

本の下部分

 

花ぎれ

背の接着面に貼り付けた布。「花布」とも書く。補強のために付けられていたものだが、現在は主に装飾用

 

しおり(スピン)

布製のしおりです。花ぎれと背の間に糊付けされています。「スピン」とは日本独特の呼び方で、英語ではブックマークまたはブックマーカー

 

かど

表紙の隅の直角部分。通常は90度に仕上げるが、丸くする「角丸」「丸隅」や、洋装書などに施されることがある革やクロースを貼り付けた「角革」、金属を貼った「角金」などがある。

 

とびら

全体を「章」などで分けた場合、その前後をわけるために入れるページ(用紙)。一般的にタイトルや見出しなどが印刷される。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから