株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

背表紙入稿データ作成方法(無線綴じ冊子)

背表紙入稿データ作成方法(無線綴じ冊子)

無線綴じ冊子は、表紙、背表紙、本文のデータが必要です。背表紙のご入稿がない場合は弊社おまかせ仕様となります。

表1・表2・表3・表4の表紙データについて

  • ● 中綴じ、平綴じの冊子には背表紙はありません。
    ● 文字、色ともに印刷しない背表紙について
    表1・表2・表3・表4の表紙データと本文データをご入稿ください。
    (印刷しない表紙面のデータは不要です)

     背表紙に文字を印刷をしない
  • ● 3mm以下の背幅について
    背幅が3mm以下の場合でも印刷することは可能ですが、文字が小さくなり読みづらくなります。

背表紙データの作成方法

Wordで作成する 背表紙のみ

テキストのみの背表紙データを作成します。

1:背幅を確認する

▼ ご注文前は背幅計算ツールで確認

背幅計算ツール 用紙とページ数、サイズを入力すると、背幅(mm)が表示されます。

▼ ご注文後は注文内容から背幅を確認

マイページのご注文履歴から背幅が確認できます。(下図枠線)

注文履歴から背幅を確認

2:『テキストボックス』を追加してタイトルを入力

  1. ご注文サイズのページ設定で 『新規作成』後、以下の手順で作成します。
    ※下記の図はword2013の場合です。
  2. メニューバー『挿入』→『テキストボックス』→『縦型テキストボックスの描画』 を選択する

    縦型テキストボックスの描画
  3. 適当な大きさでテキストボックスを配置する → 右上に表示されるレイアウトオプションマークから 『詳細表示』 をクリックする

    適当な大きさでテキストボックスを配置
  4. 『サイズ』タブで 高さ = 注文サイズの縦mm  幅 = 背幅mm  を入力する
    画像では高さ257mm(B5サイズ)、幅10mm

    『サイズ』タブで 高さ = 注文サイズの縦mm  幅 = 背幅mm  を入力
  5. 背文字を入力する → テキストボックスの境界線で右クリック → 『図形の書式設定』をクリック

    背文字を入力する → テキストボックスの境界線で右クリック → 『図形の書式設定』をクリック
  6. 図形の書式設定
    ❶文字のオプション → ❷テキストボックス → ❸垂直方向の配置を『左右中央』 → ❹上下左右の余白をすべて『0mm』

    図形の書式設定  ❶文字のオプション → ❷テキストボックス → ❸垂直方向の配置を『左右中央』 → ❹上下左右の余白をすべて『0mm』

テキストボックスを使用しない方法

  1. 注文サイズのページ設定で、背文字を縦書き入力したデータを作成して、PDF形式でご入稿ください。
    上下の余白指定(mm)は、データ内にテキストで入力してご指定ください
  2. 実際の背幅に合うよう、弊社で文字サイズを修正します

3:PDFに変換して保存する

※ Word形式(.doc , .docx)の入稿は対応していません。

   ポイント

  • ファイル名に背表紙とわかる名前をつけて保存します。
    例 sebyoshi_data
  • WordのPDF保存の詳しい方法:PDF入稿ガイド

入稿方法

入稿方法は「WEBからデータ入稿」による方法がございます。

【WEBからデータ入稿(会員登録必須)】

表1・表2・表3・表4+背表紙の表紙データ、本文データをご入稿ください。
入稿データの作成 チェックポイントはこちらから

Wordで作成する 見開きデザイン

見開きで表紙と背表紙がつながったデータの作成。

背表紙にタイトルを入力する、表紙をデザインする

▼ ご注文前は背幅計算ツールで確認

背幅計算ツール 用紙とページ数、サイズを入力すると、背幅(mm)が表示されます。

▼ ご注文後は注文内容から背幅を確認

マイページのご注文履歴から背幅が確認できます。(下図枠線)

注文履歴から背幅を確認

2:背幅を足したサイズにページ設定する

『ページ設定』 から 『カスタムサイズの管理』 を選択してサイズを入力します。
裁ち落とし(フチなし)のデザインは3mmの塗り足しをつける

背幅を足したサイズにページ設定

▼ 見開きサイズの入力例

A4サイズ、背幅が10mmの表紙見開きサイズの場合

タテ297mm×ヨコ430mmのサイズ設定になります。(塗り足しありは、ヨコ436mm×タテ303mm)

297mm(縦幅)×210mm(表1の横幅)+210mm(表4の横幅)+10mm(背幅)

A4左綴じの場合の背幅

サイズ 本のサイズ
塗り足し付きサイズ(+6mm)

A4 210mm×297mm 216mm×303mm
A5 148mm×210mm 154mm×216mm
A5ヨコ 210mm×148mm 216mm×154mm
A6(文庫) 105mm×148mm 111mm×154mm
B5 182mm×257mm 188mm×263mm
B6 128mm×182mm 134mm×188mm
B6ヨコ 182mm×128mm 188mm×134mm
新書サイズ 105mm×173mm 111mm×179mm
レターサイズ 216mm×279mm 222mm×285mm

3:背表紙にタイトルを入力する、表紙をデザインする

背表紙にタイトルを入力する、表紙をデザインする

4:PDFに変換して保存する

※ Word形式(.doc , .docx)の入稿は対応していません。

PDF入稿は通常価格から10%OFF!

   ポイント

  • ファイル名に背表紙とわかる名前をつけて保存します。
    例 sebyoshi_data
  • WordのPDF保存の詳しい方法:PDF入稿ガイド

入稿方法

入稿方法は「WEBからデータ入稿」による方法がございます。

【WEBからデータ入稿(会員登録必須)】

表1・表2・表3・表4+背表紙の表紙データ、本文データをご入稿ください。
入稿データの作成 チェックポイントはこちらから

Illustratorで作成する

1:背幅を確認する

▼ ご注文前は背幅計算ツールで確認

背幅計算ツール 用紙とページ数、サイズを入力すると、背幅(mm)が表示されます。

▼ ご注文後は注文内容から背幅を確認

マイページのご注文履歴から背幅が確認できます。(下図枠線)

注文履歴から背幅を確認

2:背表紙を足したサイズのアートボードに設定する

ご注文サイズの表紙(表1・表2・表3・表4)に背表紙を足したサイズに設定して、表紙見開きデータを作成します。
(裁ち落とし(フチなし)のデザインは3mmの塗り足しをつける)

▼ 見開きサイズの入力例

A4サイズ、背幅が10mmの表紙見開きサイズの場合

タテ297mm×ヨコ430mmのサイズ設定になります。(塗り足しありは、ヨコ436mm×タテ303mm)

297mm(縦幅)×210mm(表1の横幅)+210mm(表4の横幅)+10mm(背幅)

A4左綴じの場合の背幅

サイズ 本のサイズ
塗り足し付きサイズ(+6mm)

A4 210mm×297mm 216mm×303mm
A5 148mm×210mm 154mm×216mm
A5ヨコ 210mm×148mm 216mm×154mm
A6(文庫) 105mm×148mm 111mm×154mm
B5 182mm×257mm 188mm×263mm
B6 128mm×182mm 134mm×188mm
B6ヨコ 182mm×128mm 188mm×134mm
新書サイズ 105mm×173mm 111mm×179mm
レターサイズ 216mm×279mm 222mm×285mm

3:背表紙にタイトルを入力する、表紙をデザインする

印刷されない「ガイド」を使ってレイアウトします。
境界線を実線で描くと、そのまま印刷されます。

入稿前に、ガイドを表示しない状態のプレビューでデザインを確認しましょう。

4:PDFで保存する

PDF入稿は通常価格から10%OFF!

   ポイント

  • ファイル名に背表紙とわかる名前をつけて保存します。
    例 sebyoshi_data

入稿方法

入稿方法は「WEBからデータ入稿」による方法がございます。

【WEBからデータ入稿(会員登録必須)】

表1・表2・表3・表4+背表紙の表紙データ、本文データをご入稿ください。
入稿データの作成 チェックポイントはこちらから

背表紙作成ツールを使う

簡易背表紙作成ツール  で、かんたんにテキストのみの背表紙データ(PDF)が作成できます。

※簡易版のためできないことがございます。簡易背表紙作成ツールページ冒頭に記載の注意事項をご一読いただき予めご了承いただいた上でご利用ください。

簡易版背表紙ジェネレーター

背表紙にタイトルや著者名など、文字を入れた背表紙データ(PDF)をダウンロードできます。

フォント ゴシック体、明朝体
文字サイズ 8px~20px
文字位置 上段、中段、下段

ダウンロードした背表紙データはそのまま入稿できます。(PDF入稿は10%OFF!)

印刷してレイアウトの確認にもお使いください。

簡易背表紙作成ツール

入稿方法

入稿方法は「WEBからデータ入稿」による方法がございます。

【WEBからデータ入稿(会員登録必須)】

表1・表2・表3・表4+背表紙の表紙データ、本文データをご入稿ください。
入稿データの作成 チェックポイントはこちらから

背表紙に文字を印刷をしない

● 表1・表4・背表紙のデータを入稿してください。

● 見開きデータでも入稿できます(表1と表4がくっついたデータも入稿可)

サイズ 本のサイズ
塗り足し付きサイズ(+6mm)

A4 210mm×297mm 216mm×303mm
A5 148mm×210mm 154mm×216mm
A5ヨコ 210mm×148mm 216mm×154mm
A6(文庫) 105mm×148mm 111mm×154mm
B5 182mm×257mm 188mm×263mm
B6 128mm×182mm 134mm×188mm
B6ヨコ 182mm×128mm 188mm×134mm
新書サイズ 105mm×173mm 111mm×179mm
レターサイズ 216mm×279mm 222mm×285mm

● 背表紙データのご入稿がない場合、以下の弊社おまかせとなります。

※ 背幅6mm以下の背表紙は、背幅中央で表1・表4の色をつき合わせる場合があります。

▼ おまかせの例

背表紙に印刷 おまかせの例

冊子作りの用紙選びで「こんな本にはどんな用紙がいい?」などお困りの時は
フリーダイヤル:法人専用:0120-264-233
携帯電話・スマホからは 06-6167-7365 までお願いします。
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)、
またはお問合わせフォームからお問合わせください。
印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

初めての方でも安心してご利用いただいております。

  • 安心1「全国どこでも送料無料」

    印刷から製本、発送までを自社で行い「高品質」「短納期」「低価格」を送料無料で提供いたします。(一部離島を除く)複数箇所への配達もOK!

  • 安心21冊からの少部数でもOK

    1冊からの小ロットでも格安フルカラーオンデマンド印刷で対応!
    必要な部数だけ注文できます。

  • 安心3価格の自動最適化

    お見積り・ご注文時に、選択された仕様に応じてオフセット、オンデマンドのどちらが価格を抑えられるかを自動的にご提案します。

  • 安心4本印刷前の「先行試し刷り」

    入稿データを実際の設備で印刷製本した冊子を、本印刷前に1部お届けします。本印刷前に、発色や綴じ方、めくり具合など仕上がり品質をお確かめください。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

ご希望のタイプから最適なコストで冊子印刷!

本日ご注文で最短9月29日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから