株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

「RGB」と「CMYK」とは? カラーの基礎知識(1)

パソコンで写真やイラストを使ってチラシなどを作成される方は多いと思います。出来上がっていざ、プリンターで印刷してみたら画面で見ている色よりなぜか少しくすんだような、暗くなったような色になってしまった、という経験がある方は多いかもしれません。なぜそんなことが起こるのでしょう。

 

実はパソコン画面に使われているカラーと、印刷物に使われるカラーは色域が同一ではないからなのです。

RGBパソコンのモニターは「RGB」という色の表現法で表されます。これは「光の三原色」と呼ばれる

 

R=Red(レッド)

G=Green(グリーン)

B=Blue(ブルー)

 

を表しており、この赤、緑、青の3つの原色を混ぜてさまざまな色を表現します。テレビのブラウン管、デジタルカメラ、液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイなど、コンピュータやテレビ画面に多く使われています。

この手法は「加法混合」と呼ばれ、3つのカラーは混ぜるほど明度が上がっていき、最終的には白に近づいていきます。

 

概念が違う色の表現方法を印刷でいかに再現するか

 

CMYK一方、印刷などのインクに使われるカラーは「色の三原色」と呼ばれ、「CMYK」と表されます。

 

C=Cyan(シアン)

M=Magenta(マゼンタ)

Y=Yellow(イエロー)

K=Key plate(キープレート)

 

の4色です。最後のキープレートとは、もともと画像の輪郭などを示すのに用いられた印刷板のこと。通常は黒インクが使われていたため、このキープレートの頭文字「K」になったそうです。「黒」のKだとか「ブラック(Black)」の最後の文字のKだとかいう俗説もあるそうですが、それは誤りだそうです。お間違いなく。

 

こちらはRGBとは違い、Kを除いた3色を混ぜれば混ぜるほど暗く、黒に近くなっていくため、「減法混合」と呼ばれています。プロセスカラーとも呼ばれていて、通常の印刷の多くはこの4色で表現されます。

 

実際は、Kを除いた3色を混ぜても完全な真っ黒にはなりません。従ってKを加えた4色をCMYKで色を表現します。最近では家庭用のプリンターに6色のインクを使うタイプの機器もあるようですが、実際はこの4色が基本概念となっています。

 

カラーの基礎知識をお話したところで、ここからが問題です。通常はパソコンのモニター(RGB)を見ながら制作し、印刷(CMYK)しなければなりません。そもそも概念が違うこのカラーの表現方法をいかに変換していくのか。ここからが印刷会社の腕の見せどころになります。次回はさらに一歩踏み込んだ印刷カラーのお話をします。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから