株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

【出版社別】文庫本サイズまとめ|家にある文庫本を手当たり次第に測ってみた

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

小説・句集におすすめ A6の冊子印刷

イシダ印刷では文庫本のサイズとしてA6規格(105mm×148mm)を採用しております。
しかし、書店に流通している文庫本をみると、出版社によって微妙にサイズが異なっています。

 

そこで、自宅の本棚にならんでいる各出版社の文庫サイズをかたっぱしから計測し、高さについて降順に並べてみました(多少の誤差はご容赦ください)。

なお、計測にあたっては横は小口から背表紙、縦は表紙カバーを外した背表紙の天地までを測ることとし、「よこ × たて(単位ミリメートル)」で表しています。
また、なるべく古本は計測に使用しない(天地小口が研磨されているものもあるため)ようにしました。

※今回あげられなかった出版社、シリーズもありますが、単純に手元にないか、探せなかったからであり、選定にとくべつな意図はございません。

 

もっとも大きい文庫サイズの出版社

出版社 文庫本のサイズ(横×縦)
現ハヤカワ文庫 106mm×156mm
光文社文庫 106mm×152mm
集英社文庫 105mm×152mm
草思社文庫 105mm×152mm
宝島SUGOI文庫 105mm×152mm
旧ハヤカワ文庫 107mm×152mm
文春文庫 106mm×152mm

 

ハヤカワ文庫は2009年以降の版からトールサイズになりました。
この頃、各社とも活字が大きくなり出した時期だったように思います。

字が大きくなってページ数が増え、背幅が厚くなりましたが、ハヤカワ文庫は本が縦に長くなりました。

※ハヤカワ文庫はノンフィクション、ミステリなど種類がさまざまあって微妙にサイズが異なりますが、SFシリーズのみを計測の対象にしています。

 

やや大きい文庫サイズの出版社

出版社 文庫本のサイズ(横×縦)
講談社文芸文庫 105mm×151mm
小学館文庫 106mm×151mm
新潮文庫 106mm×151mm
中公文庫 105mm×151mm
ハルキ文庫 105mm×151mm
福武文庫 106mm×151mm
扶桑社文庫 105mm×151mm

 

新潮文庫の背表紙がすこし前面にせり出している気がしていたのは目の錯覚ではなかったようです。
横の長さにも出版社のこだわりがあるのです。

 

また、講談社のいくつかある文庫のなかで、文芸文庫は(価格も)高く設定されております。

 

平均的な文庫サイズの出版社

出版社 文庫本のサイズ(横×縦)
PHP文庫 105mm×150mm
サンリオSF文庫 105mm×150mm

 

サンリオSF文庫は廃刊しておりますので、このサイズはいまのところPHP文庫の一社独占となっている模様。
新規参入の文庫はここが狙い目かもしれません。

 

やや小さい文庫サイズの出版社

出版社 文庫本のサイズ(横×縦)
創元推理文庫 105mm×149mm
角川文庫 105mm×149mm
河出文庫 105mm×149mm
中経文庫 106mm×149mm

 

角川書店(現KADOKAWA)と角川春樹事務所の違いは、文庫をならべれてみれば分かります。
もちろん、角川文庫クラシックス、角川ソフィア文庫は角川書店に含まれています。

 

もっとも小さい文庫サイズの出版社

出版社 文庫本のサイズ(横×縦)
岩波文庫(新旧) 105mm×148mm
朝日文庫 106mm×148mm
講談社文庫 105mm×148mm
ちくま文庫 105mm×148mm
新紀元文庫 105mm×148mm
コージーブックス 105mm×148mm

 

主要な出版社の文庫本としては、こちらがもっとも小さいサイズになります(もっと小さいものに幻冬舎文庫がありますが、手元にないため未計測)。

岩波文庫はカバーなしの時代から変化がありません。
岩波現代文庫、講談社学術文庫、講談社+α文庫、ちくま学芸文庫なども同じサイズになっています。なお、ワイド版岩波文庫は除外しました。

 

番外編

文庫っぽい本

「文庫」とは謳われていませんが、書店でも文庫っぽいものとして扱われているシリーズに、たとえば次のものがございます。

出版社 文庫本のサイズ(横×縦)
平凡社ライブラリー 110mm×160mm
小学館ライブラリー 110mm×160mm

 

児童文庫のサイズ

「文庫」と謳ってはいても明らかに文庫サイズではないものに、児童文庫というジャンルがあります。

岩波少年文庫は現行の版になり、横がすこし大きくなりました。
判型としての文庫本というよりは、文庫(コレクション)としての意味合いが大きく、児童向けの文庫はどの出版社もだいたいこのサイズ付近のものが多いようです。

出版社 文庫本のサイズ(横×縦)
岩波少年文庫 120mm×172mm

 

 

このように見てみると、ひとくちに文庫といってもサイズはいろいろで、各出版社のこだわりや意地、差別化、読者への配慮があるようです(個人的には足並みを揃えてほしいところですが)。

 

イシダ印刷としては文庫サイズにA6規格(105mm×148mm)を採用しておりますが、細かなサイズの指定、変形サイズの印刷製本も承っております。それぞれの出版社の例を参考に、独自の文庫サイズを考案するのも面白いかもしれません。

 

【A6冊子印刷】印刷製本の価格、文字サイズ、文字数(文庫、小説) 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月4日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから