株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

【印刷とSDGs】目標12「つくる責任、つかう責任」から考えるイシダ印刷できること

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

統計からは見えない、ほんとうの新刊の数

1年間にどのくらいの新刊書が出版されているかご存知でしょうか。

総務省の統計によれば、令和に入ってからやや減少傾向にあるものの、それでも新刊点数は7万点近くで推移しています。
これは1日に換算すると約191点になり、発行部数で考えればじつに膨大な量の本が毎日作られていることになります。

 

そして実際は、もっと多くの本が作られているのです。

というのも、この統計は一般書店に流通する書籍(商業出版、自費出版)の点数であり、この数字には「販売されない本(私家本やテキスト類、企業パンフレットなど)」が含まれていないからです。

これらの点数について、はっきりとした数は分かりませんが、かなりの数にのぼることが予想されます。イシダ印刷でも日々、数千単位で冊子を印刷製本しております。

 

廃棄される本と環境問題

これほど大量に本が作られているとなると、すべての本がどこかの本棚に無事おさまるというわけにはいかないのは明白です。

売れなかった本、用途を終えた冊子はやがて廃棄されることになりますが、本に使われる紙は木から作られていますから、これは森を燃やしているのと同じことになるのではないでしょうか。

 

本づくりの現場ではこの意識を忘れないようにしなければなりません。
イシダ印刷は、本づくりと環境、SDGsをテーマにしたコラムを、不定期ではありますが発信していきたいと思います。

 

2023年はSDGsの目標達成期限の折り返しの年

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2030年までの達成を目指す持続可能な開発目標のことであり、2015年に国連サミットで採択されました。

この目標は17のゴール、169のターゲットから構成されており、それぞれの項目についてはSDGsの協会や外務省、ユニセフのホームページでわかりやすく解説されていますので、興味がある方はそちらを覗いてみるといいでしょう。

 

SDGsと印刷業界

17のゴールのうち、印刷業界に関係のありそうな項目はいくつかありますが、今回は「12 つくる責任、つかう責任(持続可能な生産消費形態を確保する)」を取り上げたいと思います。

 

書店に流通しない私家本、冊子は乱丁や落丁、製本のミスがあればゴミになってしまいます。不要になった用紙や書籍はその種類ごとに分別され、リサイクルに出されます。

 

したがって、冊子印刷を主たる事業とするわたしたちは、仕事の精度をあげ、不良品を出さないように努力することが、そのままSDGsへの取り組みにもつながっていくのだと考えています。

SDGsは大企業ばかりが行うものではありません。
小さな会社でもできることから取り組んでいくことが大切です。

 

環境に配慮した紙を使う選択肢

また、間伐材を主原料とする用紙があり、これらは環境に配慮した用紙として注目が集まっています。
主に次のような環境紙があります。

 

  • FSC認証紙(適切に管理された森の木材が主原料)
  • バナナペーパー(バナナの茎が主原料)
  • ストーンペーパー(石灰石が主原料。紙の代替品)
  • ライメックス(石灰石が主原料。紙以外にも成形可能)
  • 竹紙(竹の皮が主原料)

 

一般的にコストは高くなりますが、環境紙をつかう業界や媒体の取り組みや活動内容によっては大きなメリットとなるでしょう。

SDGsに関心のある方は、紙の選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

※今回紹介した環境紙は、現在イシダ印刷では取り扱っておりませんが、とくにご要望がある場合はお問い合わせください。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月30日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから