株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

イラレで塗り足しを作る方法と注意点

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

「塗り足し」とは、背景色や写真、イラスト、罫線などを仕上がり線より外側まで伸ばすことです。

紙の端まで色や写真が入っているデザインの場合、綺麗に仕上げるために必要な工程です。「断ち落とし」とおもいいます。

 

塗り足しが必要なレイアウト

塗り足しが必要なのは、紙の端まで色や写真、模様などが入る場合のみです。四方が白い余白のみのデザインは塗り足しを作る必要がありません。論文集や小説など、白地にテキストだけのシンプルな冊子の場合は塗り足しのことは考えなくて大丈夫です。しかし扉や表紙など、ちょっとした罫線や飾りが紙の端にぴったりついているデザインの場合は忘れずに塗り足しを作りましょう。

塗り足し

塗り足しが必要な理由

塗り足しが必要な理由は、断裁時の僅かなずれで、紙の端に白が出ないようにするためです。紙は湿気やインクでコンマ数ミリ伸び縮みするものなので、印刷物は仕上がりサイズよりも大きな用紙に刷られた後、四方を断裁します。印刷機も断裁機も高精度ですが、紙という自然素材がベースになっているものを扱う際は、どうしても僅かなずれが生じます。

断裁時のずれをわかりにくくするため、塗り足しをつけて背景や絵柄が途切れないようにしましょう。

 

Illustratorで塗り足しを作る方法

Illustratorで塗り足しを作る方法はいくつかあります。

スタンダードな方法は、「ドキュメントの断ち落とし設定」を使うことです。

 

Illustratorで書類を作成すると、以下の画像のようにアートボードの少し外側にガイドラインが出てきます。

イラレ塗り足し_1

 

これが「断ち落とし」のラインで、デフォルトで四方3mmに設定されているはずです。

「ファイル」→「ドキュメント設定」で、「断ち落とし」が天地左右3mmになっているか確認しましょう。

イラレ塗り足し_2

イラレ塗り足し_3

 

この数値は自由に変えることができますが、イシダ印刷をはじめほとんどの印刷会社が設定している断ち落としの幅が3mmなので、特大ポスターや布などへの印刷データを作る時以外、変更する必要はありません。

 

断ち落とし設定を確認したら、このガイドラインまで背景や写真が到達するようにデザインデータを作ります。はみ出しても問題ありません。

イラレ塗り足し_4

 

そしてPDFに書き出す際に、「トンボと断ち落とし」の項目で「ドキュメントの断ち落とし設定を使用」を選択すると、四方3mmの塗り足しが含まれたサイズで書き出されます。

イラレ塗り足し_5

 

PDF書き出しの段階で断ち落とし設定を変えることもできます。

イラレ塗り足し_6

 

イシダ印刷に入稿する際の注意点

ネット印刷では塗り足し+トンボ付きのデータを要求されることが多いですが、イシダ印刷の場合は入稿データにトンボは必要ありません。

塗り足しだけつけた、四方3mm大きくなったデータのPDFを入稿するのが一番ミスなく確実な方法です。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月4日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから