株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

インク? インキ? 印刷に欠かせない「インク」について学ぼう

インク印刷には欠かせないインク。「顔料インク」「染料インク」など種類があり、皆さまも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回はこの「インク」についてお話したいと思います。

 

家庭用のプリンターを購入する際に、「顔料インク」にするか、「染料インク」にするか、どちらを選べばよいのか迷ったことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この「顔料」と「染料」には性質や特徴に違いがあります。従って、それぞれのメリット、デメリットを考慮して選択する必要があります。ぜひその違いを知って、使いこなしてみましょう。

ところでインクとひとくちに言っても「インク」「インキ」と表現していることに気付かれましたでしょうか。インク(またはインキ)はオランダ語由来で「inkt」と表記します。江戸時代、蘭学とともにオランダから日本に入ってきたと言われています。インク、インキともに呼び方の違いに明確な理由はないようですが、主に、万年筆など筆記具に使用されている場合には「インク」、印刷関連に使う場合、例えばオフセットインキなどというように「インキ」と表記することが多いようです。

どちらにしてもはっきりと違いを示すものはなく、どちらも同義語として扱われているようです。

「顔料インク」と「染料インク」のメリット、デメリット

「顔料インク」と「染料インク」について詳しくお話しましょう。この2つは成分の成り立ちが違います。「顔料インク」の方は着色の成分自体が溶け切っていないものを言います。溶剤の中に成分が分散しているのです。つまり色の成分自体が大きいもの。水に溶け切らないコーヒー豆のようなものといったらわかりやすいでしょうか。

粒子が大きいため、一般のコピー用紙などでも滲むことなく鮮明に印刷できるというメリットがあります。しかし粒子が粗くなるために写真用紙などツルツルに加工された用紙への写真印刷などには向いていません。

一方、「染料インク」の方は着色の成分が溶剤に完全に溶け切っているのが特徴です。例えるなら水に溶かした砂糖のようなものです。用紙に浸透しやすいというメリットがあり、鮮やかで透明性の高い印刷が可能になります。「顔料インク」には不得意な写真専用の用紙への印刷もきれいに仕上げることができます。

ただし、一般のコピー用紙など表面加工されていないものに関しては、成分が染みて滲んでしまうことがあるため、細かい線がぼやけてしまったり、紙の裏まで染み込んでしまったりというデメリットがあります。

より良い印刷物を制作するには、特徴をよく理解してうまく使い分けるとよいでしょう。

次回は印刷用のインクについてお話したいと思います。

インクについてのご質問はイシダ印刷までお気軽にどうぞ。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから