株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

最大35%OFF & 無線綴じ製本代50%OFF!!
11月25日(月)まで

オフセットがオンデマンドより安くなるのは○○がポイント!【印刷価格を比較】

オンデマンドとオフセット印刷方法の違い

印刷所に注文する印刷製本にはオフセット印刷とオンデマンド印刷があります。
少部数からリーズナブルに印刷ができるオンデマンドに比べ、商業印刷物で一般的に採用されるオフセット印刷は料金が高いイメージがあります。
価格差は、それぞれの印刷工程の特徴とコストが異なるため生じます。

 
しかし、オンデマンド印刷よりオフセット印刷の方が安くなる場合があります。

オフセット印刷がオンデマンド印刷よりコスト面で有利になる分岐点

前回の記事「オフセット印刷の仕組み」で解説したとおり、オフセット印刷は一部刷るにも「版」を製作するので、コピー機で1枚を出力するよりも格段に手間とコストがかかります。

「版」を作るには、その分の費用がかかるため、印刷価格に「版」の価格がプラスされます。小部数では割高になってしまいますが、版は一度作ってしまえば何千、何万枚と高品質を保ったまま刷ることができ、大量に印刷しても費用はさほど高くなりません。
オフセット印刷は、部数が増えるほど1枚あたりのコストはどんどん低くなります。

 
では、少部数と大部数を分けるのは何部でしょうか?

100部~200部で価格差が逆転!

サイズや紙の種類等にもよりますが、100部から200部の間でオフセットとオンデマンドの価格差が逆転します。

 
オフセット印刷はたくさん刷れば刷るほどお得、「大量ロットの印刷を精細で美しく、低コストでできること」が最大の特徴です。

書店に並んでいる本を見ていると、同じようなページ数と仕様なのに随分と価格に差があるものがあります。
一般的にベストセラーの小説や漫画は安価で、専門的な学術書は高額です。書籍の価格は印刷費以外にも様々な要因によって決定されますが、発行部数による印刷コストの違いは大きいでしょう。

 
また、リーズナブルな少部数ならオンデマンド印刷が適していますが、オフセット印刷にしかできない印刷もあります。

オフセット印刷だけができること

1.特色印刷

オフセット印刷は機械の中でインクを混ぜ合わせるのでは無く、4色の透明インクを1色ずつ刷っていき、色セロハンを重ねるようにして色を再現していきます。ここに5番目の色を入れたり、4色のうちのいずれかを特色に置き換えて印刷することにより、通常の4色印刷では出来ない表現が可能になります。

例えば金色や銀色、蛍光色は四色インクでは表現できないので、印刷にプラスすると一気に豪華になって人目を引きます。また、表現できる範囲の色であっても、特色インクを使用すると均一で高級な印象になります。
 

2.特殊紙への印刷

オフセット印刷はゴム製の柔らかいローラーでインクを転写するので、凸凹した紙でも色抜けやズレが起こりません。マーメイドやレザックなど、ザラザラした質感のある紙に繊細なイラストを印刷しても美しく再現されます。

特殊紙への印刷

オンデマンド印刷の画質もほとんど見劣りしないレベルに達していますが、細い線や濃い色のベタ面などはオフセット印刷の方が美しく表現できます。少部数でも、品質にこだわる方はオフセット印刷を選択するのが良いでしょう。

参考記事:オフセット印刷―画質の特徴、オンデマンドとの違い

オフセット印刷の印刷製本価格の目安 オンデマンド印刷との差はどれくらい?

3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文」ページから、仕様をクリック、入力していくと画面下に自動でオフセットとオンデマンドの価格が両方表示されます。

 
例えば、教材や説明書などのテキスト冊子を作るとして、以下の仕様でオフセット、オンデマンド両方の料金を見てみましょう。

● サイズ:A5

● 綴じ方:無線綴じ

● 表紙:コート135K片面フルカラー

● 本文:上質紙70K/両面モノクロ

●ページ数:100ページ

少部数の場合(50冊)

少部数の価格
※納期は超ゆったりコース (10営業日)、10%割引のPDF入稿の場合です(2018年11月現在)

 

オンデマンド印刷は 12,363 円(税込) 一冊あたり247.3円

オフセット印刷は 27,545 円(税込) 一冊あたり550.9円

 
少部数だと、2倍以上の価格差でオンデマンド印刷の方が安くなります。
精細な再現性を重視しない場合はオンデマンド印刷を選ぶといいでしょう。
 

大部数の場合(500冊)

大部数の価格
※納期は超ゆったりコース (10営業日)、10%割引のPDF入稿の場合です(2018年11月現在)

 

オンデマンド印刷は 98,526 円(税込) 一冊あたり197.1円

オフセット印刷は 72,676 円(税込) 一冊あたり145.4円

 
部数が多くなると、オンデマンドとオフセットの価格差が逆転してオフセット印刷の方が2万円以上、1冊あたりも50円以上安くなります。
大部数なら、美しい仕上がりでコストも抑えられるオフセット印刷を迷わず選べます。

同じ仕様でも部数と印刷方法によって値段に大きな差が生まれます。
「オフセット印刷は高い」といったイメージが「オフセットは大部数だと安い」に変わりますね。

 

同じ仕様で、オフセット印刷の納期や部数、ページ数ごとの料金の一例です。

● サイズ:A5

● 綴じ方:無線綴じ

● 表紙:コート135K片面フルカラー

● 本文:上質紙70K/両面モノクロ

● 印刷方法:オフセット印刷

サイズA5 納期 150冊 300冊 500冊 750冊 1000冊
30ページ 超ゆったりコース(10営業日) 14,325 21,688 32,016 45,634 59,254
ゆったりコース(7営業日) 16,278 24,646 36,383 51,857 67,333
標準コース(5営業日) 19,533 29,574 43,658 62,229 80,799
特急コース(3営業日) 22,790 34,503 50,934 72,600 94,267
超特急コース(2営業日) 26,045 39,432 58,211 82,972 104,258
50ページ 超ゆったりコース(10営業日) 19,405 27,929 41,675 58,111 75,154
ゆったりコース(7営業日) 22,052 31,737 47,357 66,035 85,402
標準コース(5営業日) 26,462 38,085 56,828 79,242 99,176
特急コース(3営業日) 30,873 44,433 66,300 92,448 115,706
超特急コース(2営業日) 35,284 50,780 75,771 102,247 132,235
200ページ 超ゆったりコース(10営業日) 59,665 78,131 106,590 145,783 184,975
ゆったりコース(7営業日) 67,802 88,784 121,125 165,662 210,198
標準コース(5営業日) 81,363 103,104 145,351 198,795 252,238
特急コース(3営業日) 94,922 120,288 169,576 231,927 294,278
超特急コース(2営業日) 104,983 137,473 193,801 265,059 317,633
300ページ 超ゆったりコース(10営業日) 86,675 108,162 150,978 206,152 260,736
ゆったりコース(7営業日) 98,494 122,912 171,565 234,263 296,292
標準コース(5営業日) 114,380 147,494 205,878 281,116 335,797
特急コース(3営業日) 133,444 172,076 240,192 309,748 391,762
超特急コース(2営業日) 152,507 196,658 274,504 353,998 447,729
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 
同じ仕様でも、納期を長くすると安くなります。
他の用紙や部数、オプションを使った料金は「3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文」ページでお確かめください。

サイズや用紙など、クリックして選ぶだけで自動で料金が表示されます。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

まだまだある印刷コストを抑える方法

本や冊子の制作には印刷製本のコストはなるべく抑えつつ(でも綺麗に!)、作品や原稿作りに予算や時間をかけたいものです。
イシダ印刷ではそんな本作りを品質と価格、納期でサポートしたいと思い、設備や技術、サービスの向上に取り組んでいます。

 
印刷方法の選択以外にも、本の内容、作品のクオリティを下げずに印刷製本の料金を抑える方法があります。ぜひお試しください。

今すぐ試せる!印刷費用を安くする5つの方法~冊子づくりのポイント(3)~
 
カラー、モノクロの混在印刷で損していませんか?半額以下も可能!イシダ印刷の独自価格
 
冊子印刷の「納期」「締め切り」とは?料金との関係も比較して解説


プロと一緒に プロにまかせて【入稿データ作成代行サービス】

自分史や会報、写真集などの本・冊子の入稿データ作成を文字入力から承っております。
お客様は本が届くまで待っているだけ!
「データの作り方がわからない」「時間がない」を経験豊富なDTPデザイナーと専任アドバイザーが、まるごと解決します。 詳しくはこちらのページをご覧ください。



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大35%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

ご注文・お見積もりはこちらから