株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

強い冬型の気圧配置で大雪、路面の凍結、交通規制等の影響で
全国的に配送に遅れが生じております
何卒ご了承くださいませ

オンデマンドのカラー印刷をうまく仕上げるコツ

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

オンデマンドのカラー印刷をうまく仕上げるコツ

オンデマンド印刷は、100部未満の少部数の冊子を安くスピーディーに印刷できる技術です。同人誌や自費出版の小説やビジネス書、自伝など、個人向けの小ロット印刷では主流になっています。

画質はオフセット印刷に見劣りしないクオリティで、同人誌のフルカラー表紙や写真集、イラスト集などもオンデマンド印刷で作れます。ただし、綺麗にカラー印刷をするには少々コツがあります。

モニターの色と印刷物の色は根本から違う

デジタルで作成したイラストや写真を印刷したとき、色がくすんでしまった経験を持つ方は多いでしょう。そんな時、つい印刷のせいかと思ってしまいますが、適切にデータを作成しないと、どんなに高額な印刷所に頼んでも色は改善しません。

まず、パソコンのモニターと印刷物の色表現の違いをおさえておきましょう。

  • モニターはRGB
  • 印刷物はCMYK

RGBは、R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)の3色の光で色を表現します。構成要素が光なので、色を重ねると明るくなります。蛍光色などの鮮やかで明るい色の表現に優れていますが、パソコンやスマホのモニターのように、光を発する支持体でないと表現できません。 

CMYKは、C(シアン)M(マゼンダ)Y(イエロー)K(≒黒)のインクで表現する方法です。絵の具の混色のイメージで、色を重ねると暗くなります。

 

RGBからCMYKの変換が肝

イラスト作成ソフトやデジタルカメラは、液晶画面を見ながら操作するのが前提ですから、デフォルトでRGBモードになっています。

一見蛍光色を使っていないように見えるイラストでも、鮮やかな青空や夕焼け、血色のいい肌の色など、CMYKに変換すると驚くほどくすんでしまうことがあります。

単に変換するとかなり彩度が落ちるので、変換後に彩度を上げると鮮やかに見えます。

RGBからCMYKの変換が肝

彩度

彩度は上げすぎるとハーフトーンがつぶれてグラデーションの部分がガビガビするので、+5~30くらいの間で、画像の細部が潰れていないか確認しながら上げましょう。

 

最初からCMYKで作成する

印刷を前提としてデータを作成するなら、初めからCMYKモードでイラストを描くとスムーズです。

photoshopのCMYKモードは、色の範囲を制限し、擬似的にCMYKの状態を作り出します。

オーバーレイや乗算、光彩など、色を重ねる効果はRGBモードと同様に使えます。

 

オンデマンドはくっきりした色が得意

オンデマンド印刷は、オフセット印刷と比べるとインクに光沢感があり、濃い色や派手な色が印象的に見えます。

反対に、繊細なグラデーションや淡い色に少々弱いです。

くっきりした色合いの装飾や、ポップなデザインが得意です。人の肌は明るめに仕上げると、きれいに印刷できます。

仕上がりにこだわりたい方は、試し刷りをおすすめします。

試し刷り

 

本番の印刷と全く同じように印刷されたものが届くので、それを見ながら色を調整して再入稿できます。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短2月7日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから