株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

期間限定!
新規会員登録でクーポンGET!

コート紙の最適な厚さは?

発色がよく、つるつるした質感で、コシがあり、写真集やアルバム、会社案内、カタログ、資料集など、様々な用途に適した「コート紙」。冊子印刷では上質紙と並ぶくらいポピュラーな存在です。

コート紙は固有の商品名ではなく紙の種類の名前なので、印刷会社によって使用している紙は微妙に違います。別の印刷会社で印刷した冊子と全く同じ体裁で増刷したい時など、紙の詳細が気になったらお気軽にお問い合わせ下さい。

本文は90Kか?110Kか?

さて、重要なのは厚さです。カンタンお見積から冊子の体裁を決める際に、以下のようなメニューが現れます。

本文に選択できる用紙

135Kはしっかりした厚さの紙なので、表紙用に使われることが多いです。ページ数が少ないカタログや写真集に135Kを使う事もありますが、本文用紙としては、90Kか110Kが一般的でしょう。

90Kはコピー用紙くらいの厚さです。コピー用紙というと、薄めの紙というイメージがありますが、それは軽い上質紙だからです。同じ厚さでも、コート紙は重く、密度が高く、コピー用紙より高級な印象があります。裏写りもほとんど気になりません。90Kくらいの薄さなら捲りやすいので、ページ数の多い冊子に適しています。記念誌や論文集など、本文が上質紙の冊子の、カラーページや扉として使用するのもいいでしょう。

110Kは厚めですが、捲りにくいほどではなく、映画のパンフレットくらいの雰囲気をイメージするといいでしょう。会社案内や製品カタログ、写真集、作品集など、高級感、重厚感を持たせたい時に使用します。

紙の厚さ=紙の重さ

紙の厚さは70K、90K、110K・・・などと書かれた数字を目安に判断できますが、実はこれは厚さを示した数字ではありません。コート紙の90K、上質紙の90K、マットコート紙の90Kは全て微妙に違うのです。

KとはKgを意味しており、全紙百枚分の重さを表しています。紙を裁断する前の、一番大きい基本サイズのことを「全紙」といいますが、この全紙も四六判、菊判など複数の異なる大きさがあり、当然ながら重さも変わります。菊判の方が四六判より小さいので、同じ厚さの紙でも四六判なら90K、菊判なら62.5Kと表記されます。ややこしく思えますが、紙の一枚の厚さを正確に計測できないので、この表記が最も合理的なのです。

ここでは、イシダ印刷の用紙の厚さの表記は「四六版換算」だということだけ確実に覚えておきましょう。他社の料金表や、用紙見本などを見て、菊判の厚さと混同しないように気をつけましょう。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

PDF入稿と合わせて15%OFF!

PDF入稿と合わせて15%OFF!

【7月2日〜31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから