株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

【スタイル別自分史】インタビューで綴る ― はじめての自分史 作り方ガイド(7)

前回までお届けしてきたスタイル別の自分史づくり、今回は番外編としてこれまでとはひと味違うつくり方をご提案していたいと思います。

それは「インタビュー」でつくる方法です。

ボイスレコーダーインタビューといえば、テレビのトーク番組とか雑誌のインタビューページを思い浮かべると思います。
その場合、決まってインタビューされるのは有名人だったり、何かを成し遂げた偉い人だったり・・・そんなイメージがあるかと思います。実際にインタビューされたことがある方は、そんなにはいらっしゃらないですよね。

自分史をつくるにあたって不安なのは、自分のことを本当にうまく表現できるか、ということではないでしょうか。文章が苦手な人はもちろんですが、得意であっても、普段から日記やブログを書いていない方、文章を書き慣れていない方にとっては、どのように表現したらいいのか、迷うことも多いと思います。せっかく頑張って書いたのに、あとで読み直したら自分が本当に思っていたこととは何か違う・・・? などということもあるかもしれません。実は自分のことを自分の言葉で表現するというのは案外難しいものなのだと思います。

ありのままの自分が意外にもインタビューで明らかに

そこでご提案するのが「インタビュー型」の自分史。

これはどういうことかというと、第三者にインタビュアーとなってもらい、いろいろ質問してもらうのです。
他人に質問という形で聞かれることによって改めて答えをじっくり考えることができ、意外にスラスラと自分のことを語ることができる方もいらっしゃいます。
ポイントとしては、インタビュアー(質問者)は家族など近しい人ではない方が良いということです。
家族は普段からいつも身近に接しているため、改めてインタビューとして客観的に接することが難しい場合があります。また、近しいばかりに照れもあって、なかなか素直に答えることができないかもしれません。例えば友人同士で、お互いに質問し合うのもひとつの方法です。

インタビューはインタビュアーが質問をしながらメモ書きをするか、または録音をしておいてあとで書き起こすという方法があります。2時間ほどのインタビューでもテープ起こしには1日がかりということもありますので、そのような時間をとることが難しい場合にはクラウドソーシングなどのサービスを利用することもできます。インターネットを通し、テープ起こしを依頼する方法です。安価にお願いできる場合もありますのでご検討ください。

インタビューを活用した自分史は、ほかとはひと味違った仕上がりになることでしょう。ぜひ自分に合ったスタイルを見つけてくださいね。

>>次回は、表紙のアイデア5選 ― はじめての自分史 作り方ガイド(8)


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから