株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

ソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本の違いとは?

ソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本は同じ製本方法

印刷用語は、時代や国、職域によって使われる言葉が微妙に違っていて、ほぼ同じことを言っているのに違う言葉が使われていたりします。
ソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本もどれもよく使われる言葉ですが、概ね同じ製本方法を指しています。

 

どの針金や糸を使わず、本文の束を表紙用紙でくるんで特殊な製本糊で圧着する方法で製本されます。
大量のページ数を綺麗にすっきり綴じられるこれらの製本方法は、論文集、小説、資料集、テキスト、会社案内など多くの冊子に用いられています。

無線綴じの解説図

同じ意味を持つソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本は、業界や場所によって使われ方が違っているのです。次に、それぞれの用語の使われる業界、使われ方の違いを解説します。

 

ソフトカバーは「出版、書店」で使われる

ソフトカバーは「ハードカバー」に対する言葉で、本を販売する出版社や書店で用いられている言葉です。

 

ハードカバーはその名の通り、厚紙に布や紙を巻いて製本された本で、小説の単行本や学術書、美術書など、格調高く重厚な雰囲気の本に用いられています。「上製本」ともいわれます。

上製本

 

対して、ソフトカバーは「並製本」とも呼ばれ、本文の束を紙の表紙でくるんで製本する無線綴じの本にカバーが巻かれていることが多いです。文庫本、漫画の単行本、参考書、技術書など手に取りやすいシンプルな本に仕上がります。
ハードカバーに比べて簡易な製本方法のソフトカバーは、買い求めやすい価格帯で販売される出版物、書籍に使われています。

ソフトカバー、無線綴じ、ペーパーバック、くるみ製本
ソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本

 

ペーパーバックは主に「洋書」で使われる

ペーパーバックはソフトカバーと同じ意味ですが、日本の出版業界では洋書に対して使用されることが多いです。

カバーのない、安価な紙で作られたシンプルな無線綴じの本(主に洋書)をペーパーバックと呼んでいます。

 

コンビニで売られている、いわゆる「コンビニコミック」をペーパーバックともいいます。
廉価版の漫画集をB6や文庫サイズの無線綴じで製本して、カバーはついていない状態の本が一般的です。

 

Amazonでは、オンデマンドで書籍を印刷するサービスも行なっていて、形式は「ペーパーバック」と表示されています。これも無線綴じのことですが、安く作れる簡易的な製本、というニュアンスがあります。

 

無線綴じ、くるみ製本は「印刷業界」で使われる

無線綴じは糸を使わない「無線」綴じという意味で、くるみ製本は表紙用紙で「くるむ」製本という意味です。

どちらも具体的な製本方法がイメージでき、主に印刷業界で使われる用語で同じ製本方法です。
特に「無線綴じ」の使われる頻度が高く、ネット印刷では「無線綴じ冊子」が一般的な商品やカテゴリーで使われています。印刷会社との打ち合わせや見積もりの相談でも「無線綴じ」と言えば、100%通じます。

 

ソフトカバー、無線綴じ冊子にはカバー付きの製本、装丁がおすすめ

カバーと帯 印刷価格

小説や自伝史、詩集、同人誌などでおすすめの装丁が、ブックカバーや帯です。

ネット印刷でもオプション加工でオリジナルのブックカバーや帯を付けるサービスがあります。イシダ印刷でもブックカバーと帯を追加した無線綴じ冊子を印刷製本できます。

 

A5や文庫サイズ、新書サイズの無線綴じ冊子にコート紙のカバーをつけると、商業出版の書籍のような仕上がりになります。
コストを抑えた無線綴じ(くるみ製本)、ソフトカバーにカバーや帯を付けてドレスアップすることで、本が保護され、本格的な印象が生まれます。

 

詳しくはブックカバー付き文庫の印刷価格は?帯付きでも安くきれいに仕上げるポイントをご参考ください。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短10月28日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから