株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

2月~3月は繁忙期となり、納期や部数など、ご注文を制限させていただく場合がございます。
期間中はお早めのご注文手続きをお願い申し上げます。
---
能登半島地震の影響による商品のお届けについて

ソフトカバーとハードカバーとの違い、印刷製本価格の目安

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

ソフトカバーとハードカバーの違いは「表紙」

ソフトカバーとハードカバーは、どちらも製本方法を指していますが、大きな違いは「表紙の作り方」です。

製本の予算や本の用途によって、どちら選べばよいか、参考にしていただければと思います。

 

ソフトカバー

ソフトカバー 無線綴じ

ソフトカバーは、表紙用紙で本文用紙の束をくるみ、ホチキスや糸などを使わず特殊な糊で背を綴じる製本方法です。並製本ともいいます。

表紙には、めくるとしなる柔らかい紙を使います。

 

ハードカバーに比べるとシンプルな作りながら、数ページから数百ページまで対応でき、製本のコストを格段に安く抑えることができます。

読み手にとっても「軽くて持ち運びしやすい」、「本文と表紙が同じ大きさで、ページがめくりやすく読みやすい」というメリットがあります。

 

ソフトカバーの本、冊子

商業印刷、出版、教育関連などあらゆる用途でソフトカバーが採用されています。

  • カタログ
  • マニュアル
  • 文庫本
  • 漫画
  • 教科書
  • テキスト
  • ビジネス書
  • 論文集

ソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本の違いとは?

 

ハードカバー

ハードカバー

 

ハードカバーは、表紙用紙に厚みのあるボール紙に貼り付け、ボール紙は布や紙などでくるまれて装飾された表紙で仕上げる製本方法です。上製本ともいいます。
本文は糊や糸で綴じ、最後に本文と表紙を接着します。

 

ハードカバーは、ソフトカバーと比較するとかなり丈夫で高級感、重厚感があります。
硬いボール紙が仕込まれた表紙は、ちょっとやそっとでは折れ曲がることがなく、本文ページをしっかり守ってくれます。

 

また、表紙と裏表紙のボール紙の厚みがプラスされるので、本自体の厚みが出ます。
これは、書店やイベントなどで目立つための大きなポイントです。

また、原稿量を増やせないけれど重厚な印象の本を作りたい時にも効果的です。背表紙もしっかり厚みが出るので、タイトルを入れることもできます。

 

ハードカバーの本、冊子

耐久性に優れるハードカバーは記念となる特別な本、長期的保管する本に適しています。
本棚に並べたときも格調高く、見栄えがします。

  • アルバム
  • 辞典
  • 学術書
  • 美術書
  • 画集
  • 絵本

 

ソフトカバーは「無線綴じ」

無線綴じ冊子の背幅

印刷業界では一般的に、ソフトカバーは無線綴じを指しています。

無線綴じは、ホチキスや糸などを使わず特殊な糊で背を綴じる製本方法のことです。表紙で本文をくるんだ状態で背表紙の部分に糊をつけて、特殊な機械で圧着します。

 

しっかりとした背表紙ができ、冊子の背が平らに仕上がるので、背表紙に文字やデザインを入れることができるのが特長です。冊子がまっすぐな直方体に仕上がるので、書棚に収納したり、箱で保管する際にぴったり収まります。

無線綴じとは?特徴や冊子印刷の価格、メリット・デメリット

 

無線綴じ(ソフトカバー)と中綴じの印刷価格を比較する

並製本には、無線綴じの他に中綴じがあります。
束ねた紙を針金で綴じて二つ折りにする製本方法で、見開きが180度開き、背表紙のない軽量な仕上がりになります。パンフレットや資料、取扱説明書などに採用されています。

中綴じ冊子製本

中綴じ冊子

 

無線綴じ冊子の印刷費

無線綴じ(ソフトカバー)の印刷製本は安価で、たとえば、次のような文庫サイズのシンプルなモノクロの冊子を作ると、印刷費は以下のとおりです。

  • A6サイズ
  • ページ数 : 40ページ
  • 綴じ方 : 無線綴じ
  • 表紙 : 色上質紙 最厚口、モノクロ
  • 本文 : 上質紙70K、モノクロ
  • 部数 : 300

サイズA6 納期 300冊
40ページ 超ゆったりコース(10営業日) 27,102
ゆったりコース(7営業日) 30,799
標準コース(5営業日) 36,958
特急コース(3営業日) 43,119
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

中綴じ冊子の印刷価格

  • A6
  • ページ数 : 40ページ
  • 綴じ方 : 中綴じ
  • 表紙 : 色上質紙 最厚口、モノクロ
  • 本文 : 上質紙 70K、モノクロ
  • 部数 : 300

サイズA6 納期 300冊
40ページ 超ゆったりコース(10営業日) 27,102
ゆったりコース(7営業日) 30,799
標準コース(5営業日) 36,958
特急コース(3営業日) 43,119
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

丈夫で本格的な仕上がりなのに、中綴じ冊子と同様に安価で作りやすいのも無線綴じ(ソフトカバー)メリットの一つです。

 

無線綴じと中綴じはどう違う?印刷価格や特徴を比較して使い分ける【冊子印刷】

 

カバーをつけて、より豪華な本に

カバーと帯 印刷価格

ソフトカバーもハードカバーも、書店などで市販される書籍は外側に「カバー」がついていることが多いです。

同じ「カバー」という言葉がついているのでややこしいですが、「ブックカバー」「表紙カバー」などと呼ばれるものは、表紙よりさらに外側にある紙を指します。

冊子全体をくるんで表紙の内側に折り返す一枚の紙で、冊子の保護と、冊子の装飾性を高める役割があります。

 

イシダ印刷でも無線綴じ冊子にブックカバー、帯をつけるオプション加工があります。上の画像のように、帯も付けることができます。
ブックカバーの用紙はコート紙で、PP加工もセットになっているので、冊子がぐっと丈夫で豪華な仕上がりになります。

ブックカバーの印刷|メリットや印刷費、納期について

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短3月6日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから