株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

トンボの意味、印刷データにトンボは必要?【入稿方法】

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

トンボといってもいろいろあって、例えば虫の「蜻蛉(かげろう)」はトンボの古称で「とんぼ」とも読みます。
古くは源氏物語で薫の君が詠んだ歌にも登場します。

 

ありと見て 手にはとられず

見れば又 ゆくゑもしらず 消えしかげろふ

(源氏物語「蜻蛉」)

 

「(眼前に)あると見えても手につかむことは出来ず、見ているうちにどこへとも知れず消えてしまったかげろうだ。」(新日本古典文学大系23、318頁脚注)

 

結句にある「かげろふ」が蜻蛉ですね。
短命な蜻蛉は、姿かたちが虫のトンボに似ていなくもないですが、その儚い趣きは印刷用語の「トンボ」の方が近いようです。

 

印刷の「トンボ」とは?

コーナートンボ、センタートンボ

印刷用語の「トンボ」は、虫のトンボに似ていることが由来といわれています。ツバメやカモメに似ていますね。
Illustratorでは「トリムマーク」といいます。

 

四隅にあるトンボは「コーナートンボ、角トンボ」といって、塗り足しと仕上げの位置を示しています。

仕上げ位置の天地左右の中央にある「センタートンボ、十字トンボ」は、トンボにそっくりです。
版ズレ(検討ズレ)を確かめるのにも使われ、紙のほんとうの真ん中よりも尊重されている、われわれの信頼もとりわけ厚いトンボが「センタートンボ」です。

 

薫の君にとって女性ははかりがたい生きものですが、印刷する紙に記されたトンボは断裁位置を測る重要な目印であって、われわれは概ねトンボを信じて紙を裁断しています。

 

トンボは紙を裁断してしまえば姿を消して、その痕跡はできあがった本にはあらわれません。
トンボを見たいお客さまは、入稿データを作成する際にトンボを表示して、それぞれの環境でお楽しみいただくほかないわけです。

 

入稿データにトンボはいる?いらない?

ネット印刷や印刷会社に冊子印刷の入稿をする際、PDFやIllustrator、Photoshopで作成したデータにトンボはなくても問題ありません。
(トンボが必要な場合もあるので入稿時に各社の決まりを確認しましょう)

 

なぜなら、冊子印刷は製本して順番通りになるように1ページずつ「面付け」をしてから印刷します。その面付けをしたデータにトンボをつけるため、入稿データにはトンボが付いている必要がないのです。

 

イシダ印刷でも入稿データにトンボは不要です。

トンボ無しでの入稿

冊子印刷のPDF入稿にトンボを付けないって本当?

トンボと同じくらい重要な「塗り足し」

入稿データにトンボは不要ですが、そのかわり、仕上がり線の端(紙の端)まで写真や罫線、背景を印刷したい場合は、全ページに塗り足しが必要です。

塗り足しは、写真や罫線、背景などを仕上がりサイズより上下左右3mmずつ、計6mm外側に伸ばして配置します。

塗り足しがあることで、紙を断裁するときに、わずかな断裁ズレで紙の白地が出てしまうのを防ぐことができます。

塗り足しは3mm、上下左右、全ページ

PDF入稿データの作成方法4つのポイント 色、解像度、トンボ、塗り足し【印刷製本】

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月23日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから