株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

フォント選びが本の印象を決める!

フォント選び本をつくる上で欠かせないのがフォント(書体)選びです。普段何気なく読んでいる新聞や小説、チラシや看板などに使われているさまざまな種類のフォントはその役割に合うように選ばれています。見やすく読みやすいのはもちろん、用途によって工夫が施されているフォント。選び方によっては、皆さまのつくる本を最大限に生かすことができるほどの力を持っていると言えるのです。

 

まずはフォントの基礎知識を知っておきましょう。和文フォントには大きく分けると「明朝体」「ゴシック体」という2つの種類があります。「明朝体」は横線が細く、縦線が太い。右端にくる「止め」や「曲がり角」には三角形の山ができるのが特徴です。一方、「ゴシック体」は縦横ともに太さがほぼ同じで、角にも山がありません。

 

この2種類のほかにも和文フォントには「手書き風」「筆書風」などがあります。これらのフォントはより特別な用途や、読み手に与える印象を特徴づけるために使われます。もっとも親しみやすいとされているのは「手書き風」、次に「ゴシック体」、「筆書風」、「明朝体」の順番に固く落ち着いた印象になります。

 

線の丸み、太さ、幅の細かな違いで印象が大きく変わる!

ところでパソコンのワープロソフトなどで特に何も設定せずに文字を打つ際には、もともと標準に設定されているフォントが使われます。フォントを変更するために選ぼうとして、あまりにたくさんの種類のフォントがズラーっと出てきたのを見て驚かれた人も多いのではないでしょうか。

 

フォントにはそれぞれの特徴があり、選ぶフォントによっては読み手に与える印象が大きく変わってきます。例えば線の角が丸いのかとがっているのか、横線、縦線の反りや角度、全体的に丸みを帯びているか鋭角的か、線と線の間の幅が大きいか小さいかなどの違いがあります。おおまかに言うと、丸みが強い方がやさしく親しみやすい感じになり、線や曲がり部分が鋭角的な方が強く固いイメージになるでしょう。

 

また文字の太さによる違いも印象が大きく変わる要素です。太ければ太いほど力強く男性的なイメージに、細くなれば逆にやさしく女性的なイメージになります。

 

同じ文章が書かれていてもこのようにフォントの違いだけで読み手に伝わる印象が変わってくるのはおもしろいですね。これまで特に意識をせずにフォントを選んでいた方も、こだわりを持って選んでみるだけで本の仕上がりもランクアップできるかもしれませんね。

 

次回はさらに具体的なフォント選びの方法をお話しします。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから