株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

フォント選びのコツとポイント

フォント選びのコツとポイント本はもちろんチラシやパンフレット、ちょっとした資料づくりをする時にも、どんなフォントを選ぶかで印象は大きく変わってきます。目立たせたい、強い印象を与えたいと考えて手書き風などクセの強いフォントを選んでしましがちですが、実際には読みにくくなってしまったり、意外にも目立たなかったりする場合も多々あるようです。

 

また、たくさんの種類のフォントから選べるとなると、つい1枚のチラシの中に多種類のフォントを使ってしまうケースもあるでしょう。実は目立たせたいとばかりにいろいろな種類のフォントを使ってしまうと散漫な印象になり、かえってわかりにくくなってしまいます。MSゴシックやMS明朝のような基本的なフォントを中心に、1~2種類に抑えることがコツとなります。

 

特に「カワイイ」「オシャレ」「カッコイイ」などの観点でポップなものや派手な印象のフォントを選んでしまうことのデメリットは、読みにくくなってしまうということがあげられます。あくまでもチラシやパンフレット、本の目的は「伝える」こと。内容をいかに読む人に伝えられるか、理解してもらえるかを考えるならば、すっきりとしたデザインにあうることです。文字を「内容」として理解しやすい、また「読みたい」という印象を与えることができるか、がポイントとなるでしょう。

 

印刷データとしてのフォントとは?

普段はパソコンやスマートフォンの画面ばかりを見ているとなかなか気づきにくいかもしれませんが、印刷用のフォント選びには画面上で見る文字とは違う観点での判断が必要になります。

 

多くの方はパソコンで作成した文章をデータとして印刷会社に渡されると思います。注意したいのは、フォントの種類はあくまでも個別のパソコン環境に依存するということです。つまり、個体としてのパソコンにインストールされているフォントが、送り先のパソコンに全く同じものがインストールされているとは限らないということです。MSゴシックやMS明朝のような基本的なフォントを使用している分には問題ありませんが、特殊なフォントを使用している場合はPDFに変換しましょう。パソコン画面で表示されているものと同じ形式で印刷が可能です。

 

最後にフォント選びに必要なのは読みやすさを判断する客観的な目だと思います。フォントの形ばかりに気をとられず、文字間や行間の取り方、文字色、影や網などの装飾等全体のバランスを考えたフォント選びを心がけましょう。

 

印刷用の文字選びに迷ったらいつでもお気軽にイシダ印刷へご相談ください。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから