株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

プログラムの冊子印刷|サイズや製本の決め方、印刷費の目安をおすすめ用紙で知る

 

中綴じ冊子

ピアノやバレエの発表会のプログラム、演奏会のパンフレット、カラオケ大会のプログラムなど、ページ数の少ない冊子をネット印刷を使って少部数から「安く早くきれいに」印刷できるようになりました。

プログラムを印刷するポイント、おすすめの綴じ方や用紙での印刷費用をお伝えします。

 

プログラムを作る前に!印刷について決めよう

プログラムとは、演目や出演者のプロフィール、解説などをまとめた小冊子です。

会場で販売、配布したプログラムを来場者が座席で見ることを想定して、見映えよく、見やすいプログラムになるよう心掛けてデザインや印刷について考えていきましょう。

 

フルカラー?モノクロ?

原稿データを作る前に、まず「フルカラー」にするか、「モノクロ」にするか色数を考えましょう。
出演者の顔写真や、作品や演目をイメージしたグラフィックを印象的にレイアウトしたビジュアル重視のプログラムならフルカラー。文字が中心のシンプルなデザイン、白黒で表現する世界観がイベントや作品のイメージに合っているならモノクロ印刷を選択すると良いでしょう。

 

予算をベースに考えるなら、印刷料金はモノクロの方がぐっと安くなります。なるべく低コストで作りたいプログラムをモノクロで印刷して、デザインを工夫したり、紙に少しこだわってみると雰囲気、見映えのよいプログラムになり、おすすめです。

 

サイズはA4やB5が一般的、文字サイズは大きめに

色数を決めたら、次にサイズを決めます。プログラムのサイズとしてはA4やB5が一般的です。
大判サイズのB4は写真やイラストを大きくレイアウトできるのでインパクトが生まれますが、持ち帰りのカバンの中でかさばる大きさです。また、A5以下だと小ぶりで持ち運びやすいものの、情報量が多いと文字が小さくなり読みにくくなってしまいます。

 

プログラムは小説や論文のように小さい文字の文章をじっくり読む冊子ではありません。照明を落とした会場、手元が明るくない場合でも、目を近付けなくても判読できるように、見出しや重要な情報の文字サイズは大きめに設定すると、読みやすいプログラムになります。

 

PDF形式で入稿すれば安全&お得!

プログラムの色数、サイズが決まったら、IllustratorやPhotoshop、Wordなどで入稿データを作成しましょう。

どのアプリケーションを使っても、入稿するときはPDFに別名保存、書き出せば入稿データになります。PDFは文字化けやレイアウトの崩れ、画像の配置漏れなどエラーやミスを防止できる、便利なファイル形式です。

ネット印刷でも多くの会社が入稿データのファイル形式としてPDFを推奨しています。
イシダ印刷では、PDF入稿は10%割引のサービスがあります。

 

WordからPDFへ変換方法とPDF入稿の印刷価格【安全&安い】

PhotoshopでPDF形式で入稿する方法・設定【イシダ印刷のPDF入稿は10%OFF!】

【Illustrator,InDesign】PDF入稿の設定方法を解説

 

製本方法を意識したデザイン 「中綴じ」の場合

中綴じ冊子

発表会や公演のプログラムの製本方法は中綴じがよく選ばれています。

中綴じとは、紙を二つ折りにして真ん中を針金で留めた製本方法で、コンパクトで軽く、すっきりした仕上がりの冊子になります。中綴じは見開きが180度開くことができるので、ノド(ページの綴じる側)のぎりぎりまで絵柄を見せることができます。

 

数ページから2,30ページほどのプログラムは中綴じ製本がおすすめです。
背表紙のあるしっかりとした冊子に仕上げたいプログラム、ページ数の多いプログラムは無線綴じで製本します。

 

中綴じで作るプログラムは、見開きで見たときをイメージして、大胆なデザインとレイアウトで、来場者の目を引く印象的なプログラムを作りましょう。

中綴じ冊子のデータ作成は「見開き・ノド・小口・ページ数」を意識してデザインする

無線綴じと中綴じはどう違う?印刷価格や特徴を比較して使い分ける【冊子印刷】

 

おすすめの紙でプログラムの印刷価格を見積りしてみる

フルカラーのプログラム 印刷価格の目安

フルカラーで印刷するプログラムには、コート紙やマットコート紙が主流です。
冊子印刷でメジャーな上質紙より少し高価ですが、発色が良く、カラー写真や鮮やかな色のデザインを綺麗に印刷できます。

コート紙は光沢があり、ツヤのある紙です。マットコート紙は光沢を抑えた、しっとりとした質感の紙です。

 

あまり厚いと重くなり、めくりにくくなるので、厚さは90Kか110Kがいいでしょう。ページ数の少ない中綴じ冊子は、表紙を厚くする必要もありません。表紙も本文と同じ厚みの紙でコンパクトに仕上げると扱いやすい冊子になります。

イシダ印刷の取り扱い用紙一覧
コート紙、マットコート紙、アート紙の違い、使い分け方

発表会のプログラムを印刷するには?

  • サイズ : A4タテ
  • 製本方法 : 中綴じ
  • ページ数 : 12ページ
  • 表紙 : マットコート90K カラー
  • 本文 : マットコート90K  カラー
  • 部数 : 150冊 300冊 500冊
サイズA4納期150冊300冊500冊
12ページ 超ゆったりコース(10営業日) 27,551 52,984 87,483
ゆったりコース(7営業日) 31,308 60,210 90,577
標準コース(5営業日) 37,569 72,251 108,692
特急コース(3営業日) 43,831 84,294 126,808
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

モノクロのプログラム 印刷価格の目安

モノクロで安価に作りたいプログラムの紙には、上質紙か書籍用紙がおすすめです。表紙に色上質紙を使えば、リーズナブルでクラシックな雰囲気のいい冊子が作れます。

 

上質紙はコート紙やマットコート紙よりカラーの発色は劣りますが、モノクロ印刷では全く気になりません。
出演者の顔写真なども、画像のグレースケールを調整すればモノクロ印刷でも十分綺麗に見えます。

 

クラシカルな雰囲気を出したいプログラムの本文用紙には、淡いクリーム色の地色がついた書籍用紙もおすすめです。文庫本などによく使われている紙で、高級感があり、目に優しい上品な紙面になります。

モノクロで安価に作りたい時は、上質紙か書籍用紙がおすすめ

  • サイズ : A4タテ
  • 綴じ方 : 中綴じ
  • ページ数 : 12ページ
  • 表紙 : 色上質特厚口(サーモン)、モノクロ印刷
  • 本文 : 書籍用紙72.5K、モノクロ印刷
  • 部数 : 150冊 300冊 500冊
サイズA4納期150冊300冊500冊
12ページ 超ゆったりコース(10営業日) 16,189 31,122 51,640
ゆったりコース(7営業日) 18,396 35,366 58,683
標準コース(5営業日) 22,076 42,440 70,419
特急コース(3営業日) 25,755 49,513 82,155
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

他の用紙や製本方法、オプション加工を使った印刷価格は3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文でチェックできます。ぜひお試しください。

  1. 最短2営業日出荷 7日、10日と納期が長いほど安い!
  2. 1冊から1冊単位でご注文できます
  3. 本印刷前の「試し刷り」
  4. PDF入稿は10%OFF!
  5. 全国送料無料

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短9月28日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから