株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

リング製本で冊子を作るメリット・デメリット

リング製本について

イシダ印刷のリング製本は、シンプルで使いやすい白、黒2色のリングカラーから選べます。
リング製本は見た目がおしゃれで使いやすいので、セミナー資料やプレゼン資料といったモノクロ中心の資料印刷から、オリジナルカレンダーや絵本など、フルカラーの印刷まで幅広くおすすめです。

リング製本とは?

本文のノドの方に穴を開けて、リング状の針金を通す製本方法です。中綴じと無線綴じと違って、ページが一ページずつ独立しているので、簡単にページを切り離すことができます。ノートやメモ帳でよく使われている形です。文具やノベルティとしてはよくある形ですが、印刷物としては少々特別な仕様で、取り扱いがない印刷所もあります。
他の冊子と一味違う仕上がりにして目立たせたい時におすすめです。

メリット1:360度回せる

リング製本の特長は、ページを360度回せることです。一ページずつ捲って裏側ぐるっと回して重ねると、狭いスペースでもコンパクトに使うことができます。メモ帳、作業マニュアル、ハンドブックなどに最適です。

メリット2:見開きが180度しっかり開く

リング製本は、見開きが180度しっかり開くので、ノドまで絵が入った見開きのデザインを綺麗に見せることもできます。ノドの部分は穴が空きますが、印刷は紙の端まで入れることができます(文字は読めなくなるのでノドの付近は避けましょう)
写真集、イラスト集、絵本などにもおすすめです。

メリット3:手で押さえなくても開いたままに

見開きを手で押さえなくても、冊子が開いたままにできるのも大きな特長です。講習会、プレゼン用テキストなどをリング製本で作る利点はその使いやすさにあります。見た目も綺麗なので、コンサートで使う楽譜にも最適です。
小さなメモ帳やハンドブックから、大きな写真集や楽譜まで、様々な用途に適しています。

リング製本のデメリット(少しだけ割高)

メリットは上記のように使いやすくてスタイリッシュな冊子が作れることですが、デメリットは、中綴じや無線綴じよりコストがかかってしまうことです。
どのくらいコストが違うのか? まずはお見積りページで計算してみましょう。

A4で40ページの冊子を無線綴じとリング製本で比較します。

※仕様は綴じ方以外は同じものとします。

  • サイズ:A4
  • ページ数:100ページ
  • 表紙;カラー / マットコート160K
  • 本文:モノクロ / 上質70K

無線綴じ製本の場合

サイズA4納期30冊100冊150冊
40ページ ゆったりコース(7営業日) 19,524 51,020 74,186
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

リング製本の場合

サイズA4納期30冊100冊150冊
40ページ ゆったりコース(7営業日) 26,250 69,731 93,165
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

シンプルな中綴じや無線綴じに比べると、リングの部材や、穴開けの工程など、どうしてもコストがかかってしまいますが、その分個性的で豪華な仕上がりになります。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短10月5日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから