株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

上製本、並製本、無線綴じの違い|製本方法の種類と特徴

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

「製本」とは、ばらばらの紙をまとめて冊子状態にすること製本とは、ばらばらの紙をまとめて綴じて本、冊子にすることです。
紙の束の左上をホチキスで留めただけでも製本といいます。

 

印刷業界での製本には、上製本並製本があります。並製本の1つが無線綴じです。

似たような言葉ですが、製本工程も印刷製本の価格も全く違っています。それぞれの違いや特徴について説明していきたいと思います。

上製本とは?

上製本

上製本とは、いわゆる「ハードカバー」のことです。「じょうせいほん」と読みます。
卒業アルバムや学術書などでよく見かける、2~3ミリ程度の布にくるまれた厚紙の表紙が特徴です。絵本などにも上製本は使われます。

 

上製本は重厚で高級感がありますが、並製本に比べて製本工程が多く、印刷製本の価格は格段に高くなります。
取り扱いのある印刷会社も少なく、納期もかかるため、冊子印刷や事務印刷で多用される製本方法ではありません。

記念となる特別な冊子、重厚さや頑丈さが求められる本の製本方法に上製本が選ばれています。

 

並製本とは?

無線綴じ 中綴じ(針金綴じ) 平綴じ(ホチキス留め)

 

並製本は、接着剤や針金などで綴じられた冊子全般を指します。
「無線綴じ」「中綴じ」「平綴じ」などが並製本です。

 

無線綴じは、本文の束を表紙用紙でくるんで背を製本用の特殊糊で綴じる製本方法です。中綴じは見開きのページを二つ折りにして真ん中を針金で留める製本、平綴じは単ページを束ねて針金で留める製本です。

ひとくくりに並製本といっても、見た目も印刷製本の価格も違うため、冊子印刷の注文では「無線綴じ」「中綴じ」など製本方法を選択して、ページ数や紙の種類などの仕様を指定します。

 

並製本と上製本どちらがいい?

並製本のメリット

  • 低価格、短納期で印刷製本できる
  • コンパクトで表紙がしなるので持ちやすい

上製本のメリット

  • 格調高く、高級感がある
  • 丈夫で耐久性が高い

コストパフォーマンスの良さ、持ち運びなど扱いやすさでは並製本に軍配が上がりますが、上製本の高級感は並製本ではなかなか演出できません。

印刷製本の予算が確保できるなら、特別な一冊、記念となる一冊を上製本で仕上げるのもおすすめです。

 

イシダ印刷の冊子印刷 製本の種類

イシダ印刷の冊子印刷は並製本の無線綴じ中綴じ平綴じに加え、リング製本を取り扱っています。
印刷製本にオプション加工を追加して、耐久性や装飾性を高めたり、より使いやすく美しい装丁の冊子に仕上げることもできます。

 

様々なシーンで活躍する無線綴じ

並製本が、無線綴じを指している場合もあります。
また、ソフトカバー、ペーパーバックも無線綴じのことです。文庫本や雑誌、カタログ、漫画など商業印刷、出版まであらゆるシーンで活躍している製本方法です。

会社案内やカタログなどビジネス向けの冊子、論文集や教科書など教育関係の冊子、自分史や同人誌などの個人制作の冊子はその多くが無線綴じで作られています。

 

「並」製本というと簡易的な印象を持ちますが、表紙用紙に厚手のコート紙やアート紙を使ったり、高級感のあるエンボス加工されたレザックなどを使うことによって、重厚な印象の冊子に仕上げることもできます。

【無線綴じオフセット印刷の激安価格】大部数、大量ページの冊子印刷
無線綴じと中綴じはどう違う?印刷価格や特徴を比較して使い分ける【冊子印刷】


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月27日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから