株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

上質紙と書籍用紙の印刷価格を比較【モノクロ(白黒)冊子に最適な本文用紙】

テキストにおすすめの紙・綴じ方・表紙の種類

本文がモノクロ(白黒)で印刷製本される冊子といえば、教科書、学習塾のテキストやテスト問題、論文集、学会資料、報告書、講習会の資料、小説などなど・・・。
全ページがモノクロ(白黒)本文の冊子は実に様々なシーンで利用されています。

 
これらのモノクロ冊子には、どんな本文用紙を選ぶと良いでしょう?
読みやすく、めくりやすい、耐久性もあり、そして印刷コストが安くなる用紙だったら申し分ありません。

そんなモノクロ冊子におすすめの用紙のご紹介と、その用紙で冊子印刷を発注した場合の価格を、比較してシミュレーションします。

モノクロ本文の定番用紙は「上質紙」

定番はなんといっても「上質紙」です。
一般的なコピー用紙や、ノートの紙と似た素材で、パルプのさらさらとしたナチュラルな質感が特徴の非塗工紙です。
冊子印刷に使われる用紙の中で最もポピュラーで安価です。

 
商業誌を始め、学習参考書、資料集、論文集、小説、同人誌など、ビジネス・クリエイティブのジャンルを問わず採用される、利便性の高い用紙です。

 
白色度、筆記性ともに高く、鉛筆やペンで書き込みができるので、学習塾のテキストやテスト問題、セミナー資料、アンケート調査などにも向きます。

 
インクの乗りを良くするため塗装が施されたコート紙、マットコート紙、アート紙などと比べるとカラーの発色は劣るものの、黒系の文字や罫線、モノクロ図版や線画なら決して見劣りしません。
むしろ光沢がない分、黒い文字が読みやすく、きれいに見えます

冊子印刷に最適な上質紙の厚さは?

最も多く使われる上質紙の厚さは70K

上質紙70Kは冊子印刷で代表的な用紙・厚さです。
めくりやすい薄さで、裏移りしない程度の厚みがあります。

報告書や論文集、小説、資料集、追悼集など読むことを目的とした冊子に最適の厚みです。
 

ページ数が多い冊子には55K

ページ数の多い冊子には、さらに薄い55Kでもいいでしょう。
55Kだと少し裏面が透けて見えますが、文章が中心の冊子なら読んでいて気になりません。
 

ページ数が少ない冊子には110K

楽譜など、ページ数が少なく、かつ譜面台などで自立させたい冊子は110Kでもいいでしょう。
 

書き込みをする冊子には90K

ワークブックや参考書、書き込み式のテキストなど、頻繁に書き込みをする冊子には、もう一段階厚い90Kくらいが使いやすいです。
70Kでも書き込みは十分可能ですが、消しゴムを何回も使うとページがへたってくる可能性もあります。
予算に応じて使い分けましょう。
 
※Kは紙の厚さ(重さ)を表す単位です。

ワンランク上の本文用紙「書籍用紙」

書籍用紙は、淡いクリーム色の着色が施された本文用紙です。

 
軽くなめらかな手触りで、柔らかな風合いは高級感があり、淡いクリーム色は目にやさしく、負担をかけないことから、小説や詩集の文庫を始め、論文や学習参考書など文字の多い冊子に最適です。楽譜にも採用されます。

 
インクの乗りも良好で、文字が上品な紙面に美しく映える印刷ができます。
また、不透明度が高いため、裏移りが気になりません。

 
書籍用紙は読書や課題に集中できる、上質紙と比べワンランク上の本文用紙です。
価格は上質紙より少し高いですが、それほど大きな差はなく、読むことに重きを置いた冊子には積極的に使用したい用紙です。

上質紙、書籍用紙それぞれを使った冊子印刷の価格を比較

上質紙を使った冊子印刷は、リーズナブルに印刷製本ができます。
書籍用紙も上質紙に比べると、やや価格が上がるものの高級感のある冊子が安価に仕上がります。

 
これら2種類の用紙で、冊子印刷の価格を比較してみましょう。

本文用紙以外は同じ仕様で、色上質紙を表紙にしたモノクロA4冊子の印刷費を、イシダ印刷の価格で比べています。

  • サイズ : A4
  • 製本方法 : 無線綴じ
  • 表紙 : 色上質最厚口(若草)/モノクロ、片面印刷
  • 本文 : 上質紙70K/モノクロ
  • 印刷方法 : オフセット

 

本文用紙 上質紙70K 価格の一例

サイズA4納期200冊300冊500冊
50ページ 超ゆったりコース(10営業日) 33,589 40,937 60,037
標準コース(5営業日) 45,803 55,822 81,869
超特急コース(2営業日) 61,070 74,429 105,637
100ページ 超ゆったりコース(10営業日) 60,605 73,142 101,813
標準コース(5営業日) 82,642 99,739 138,835
超特急コース(2営業日) 106,635 128,696 185,115
150ページ 超ゆったりコース(10営業日) 88,228 101,950 145,526
標準コース(5営業日) 116,430 139,022 198,443
超特急コース(2営業日) 155,239 185,363 264,592
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

本文用紙 書籍72.5K 価格の一例

サイズA4納期200冊300冊500冊
50ページ 超ゆったりコース(10営業日) 34,293 41,199 59,572
標準コース(5営業日) 46,762 56,181 81,234
超特急コース(2営業日) 62,350 74,908 104,817
100ページ 超ゆったりコース(10営業日) 63,966 76,951 106,508
標準コース(5営業日) 87,227 101,548 145,239
超特急コース(2営業日) 112,551 135,397 193,650
150ページ 超ゆったりコース(10営業日) 94,248 109,065 155,366
標準コース(5営業日) 124,375 148,726 211,862
超特急コース(2営業日) 165,833 198,301 282,482
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 
例えば、この仕様で100ページ、200冊のモノクロA4冊子を作るなら、

本文用紙 上質紙70K
(100ページ 200冊)
61,044 
(税込)
一冊あたり
305.2
本文用紙 書籍用紙72.5k
(100ページ 200冊)
64,973 円
(税込)
一冊あたり
324.9

※納期は超ゆったりコース (10営業日)、10%割引のPDF入稿の場合です(2019年5月現在)

 
上質紙と書籍用紙と本文用紙を変えることで、3,929円の印刷費に差が出ました。
1冊あたりでは、19.7円の価格差です。

仕上がりイメージや予算に合わせて、選ぶと良いでしょう。

 

他の用紙や部数、オプションを使った料金は3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文からお確かめください。
サイズや用紙など、クリックして選ぶだけで自動で料金が表示されます。

 
同じ仕様でも、納期を7日、10日と長く設定すると安くなります。
最短2営業日で出荷するコースもお選びいただけます。

さらに、全国送料無料PDFで入稿なら10%OFFです!

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 
イシダ印刷の強みであるモノクロ印刷は、もっとも効率化されており、クオリティの高い冊子を業界屈指の激安価格で印刷製本できます。
さらに、少部数ならオンデマンド、大部数ならオフセットと、用途や仕様に合わせて、価格の安い方の印刷方法を選ぶことができます。

小冊子はモノクロ活用でおしゃれに安く印刷できる!デザインと価格例

表紙用紙の種類と選び方、使い分け


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短10月28日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから