株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

中綴じ冊子の発注方法

中綴じとは、紙を二つ折りにして真ん中を針金で留める製本方法です。パンフレットや製品カタログ、取扱説明書など、ページ数の少ない冊子に適しています。手帳サイズのコンパクトなものから大判まで制作可能です。背表紙がないので、かさばらないすっきりとした仕上がりになります。

中綴じの特長

中綴じ冊子は、背を糊で固定している無線綴じと違って、見開きがいっぱいに開けるのが大きな利点です。無線綴じの場合は、図のようにノド(綴じている方)の方がくっついて、数ミリ見えなくなります。

しかし中綴じは見開きいっぱいに開くので、紙の真ん中まで見えます。また、背表紙の出っ張りがないため、机の上に平らに広げられるので、講習会の資料、学習塾や学校のワーク、ドリル、試験問題にも適しています。

中綴じの特長

中綴じ冊子の発注方法

お見積りページの「製本方法」で「中綴じ(針金綴じ)」を選択します。その下に、綴じ方向を選ぶ項目もあるので、忘れずにチェックしましょう。

中綴じ冊子の発注方法

中綴じ冊子を作る際の注意点

中綴じの冊子を作る際に一番気をつけたいのはページ数です。紙を二つ折りにするので、本文は必ず4の倍数になります。原稿を作る際はページ数によく気をつけましょう。そして、ページ数が多くなって冊子が分厚くなると、きれいに綴じられないので、一番薄い上質紙を使う場合でも40ページ未満に収めましょう。厚めの紙を使う場合は、さらに少ないページ数に収めた方が無難です。

ページ順がしっかりわかるデータで入稿

中綴じは紙を二つ折りにして綴じるので、一枚の紙の中で複雑な面付けをします。しかし面付け(データの並び替え)は印刷所の方で行うので、入稿の際はページ順にしっかり連結されているPDFを入稿すれば間違いありません。wordやPowerPoint、InDesignからの書き出しなら、全ページが片ページずつ1ファイルにまとまっているPDFファイルで保存すれば問題ないです。IllustratorやPhotoshopの場合は、ノンブルをきちんと確認した上、ページ番号をファイル名につけましょう。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短8月20日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから