株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

全国送料¥0 1冊から注文可 業界最安値

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00

お支払い方法

冊子のサイズ

冊子のサイズ冊子は、その用途に合った大きさを適切に選ぶ必要があります。写真を大きくきれいに見せたい冊子、長い文章を心地よく読ませたい冊子、グラフや図をわかりやすく見せたい冊子。また、机に置いてメモを取りながら読む場合と、手に持って読む場合とでも適当な大きさや厚みは変わります。

 ・A4サイズの用途

学会誌、論文集、資料集でよく使われるのはA4サイズです。

冊子としては大きめな部類で、机に置いて読むのに程よいサイズです。図や文字を適度な量で配置出来る紙面で、年表や世界地図などの複雑で細かい情報も掲載出来ます。特にビジネスシーンで使う場合は、ほとんどの書類やファイルがA4規格で統一されていているので、保管に便利です。

また、写真集や作品集としてもポピュラーなサイズで、A4サイズ一面を使って画像をレイアウトすると、かなり大きく見応えがあります。

A4サイズだと少し大きすぎると感じる方は、学習用ノートと同じサイズのB5もおすすめです。

 ・一般的な書籍のサイズ

書店などで流通している書籍の一般的なサイズは以下のとおりです。

・B4 257×364 大きな画集・美術全集など

・A4 210×297 写真集・画集など

・B5 182×257 雑誌

・A5 148×210 文芸雑誌・教科書など

・B6 128×182 単行本

・A6 105×148 文庫本

B4サイズは見開きを広げると長辺が50センチ以上になるので、一般的な机で広げられる最大サイズと言えるでしょう。本棚でもかなり存在感があり、ハードカバーだと重量もあります。古典美術や、巨匠の作品などを集めた重厚な美術書でよく採用されています。

A4サイズも十分紙面が大きく、画集や写真集などで多く使われているサイズです。横型にするとさらに存在感があり、広々とした印象になります。雑誌はもう少し小さいB5が主流ですが、ファッション誌などの写真や広告を綺麗に大きく見せたい雑誌はA4か、A4より少し大きい変形サイズを採用しています。

文芸雑誌や教科書など、文字を多く読ませる冊子はさらに小さいA5サイズで、両手で持って読むのに丁度良いサイズです。

小説の単行本はそれより少し小さいB6サイズ、手のひらに収まるサイズの文庫本はA6です。

普段の生活で目にする一般的な書籍のサイズを頭に入れておくと、自分が作りたい冊子の大きさがイメージしやすくなります。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

納期で選べる! 短納期も対応

納期で選べる! 短納期も対応

FACEBOOKページでクーポンゲット!

FACEBOOKページでクーポンゲット!

ご注文・お見積もりはこちらから