株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

2月~3月は繁忙期となり、納期や部数など、ご注文を制限させていただく場合がございます。
期間中はお早めのご注文手続きをお願い申し上げます。
---
能登半島地震の影響による商品のお届けについて

冊子の表紙はカラーがいい?モノクロがいい?

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

冊子の表紙はカラーがいい?モノクロがいい?

冊子の表紙は、最もデザインが問われる重要なものです。カラーがいいのか、モノクロがいいのか、それぞれのメリットとデメリットを踏まえて検証していきましょう。

 

カラー表紙のメリット・デメリット

 

メリット

  • 目を引く華やかな仕上がり
  • デザインの幅が広がる

 

デメリット

  • 価格が高め
  • デザイン、写真の色補正に気を使う(データ作成に慣れている人からすればデメリットではない)

 

カラー表紙とモノクロ表紙を並べると、圧倒的にカラー表紙の方が目立ちます。イラストや写真で世界観を表現したい小説や漫画、写真集、作品集などはカラー表紙一択でしょう。

カラーは価格が高くなってしまうので、デザインを決める前に仕様を入力してコスト感を見ておきましょう。

> カンタンお見積もりはこちらから

 

モノクロ本文の冊子 – 価格例あり

たとえばB5の60ページのモノクロ本文の冊子を印刷する場合……

 

  • B5タテ 60P 無線綴じ
  • 本文 上質70k モノクロ
  • 表紙 マットコート135k カラー

 

サイズB5 納期 50冊 100冊 150冊
60ページ 超ゆったりコース(10営業日) 17,866 32,190 43,479
ゆったりコース(7営業日) 20,302 36,581 49,407
標準コース(5営業日) 24,362 43,897 59,289
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

また、モノクロの場合は「色がイメージと違う」ということはほとんど起こりませんが、カラーの場合は写真やイラストなどの仕上がりに違和感を抱いてしまうケースがあります。

パソコンやデジタルカメラの液晶は発光体で色の表現方法が「RGBモード」なので、紙に印刷したものより明るく鮮やかな色に感じられます。

カラーの場合は写真やイラストなどの仕上がりに違和感を抱いてしまうケース

イラストや写真を扱う時に必ず「CMYK」に変換することで思わぬ仕上がりになることは大抵避けられます。

しかし、人物の顔色や商品写真など、細かい色にこだわりたい方は「試し刷りサービス」をおすすめします。

試し刷り

 

モノクロの場合は2,200円、カラーの場合は3,300円で本印刷と同じ仕様の冊子を1部お届けします。

色が気に入らなかったらデータを修正して再入稿したり、仕様を変更することもできます。

 

モノクロ表紙のメリット・デメリット

 

メリット

  • 価格が安い
  • あまりデザインに悩む必要がない

 

デメリット

  • 地味になりがち(そもそも派手さを求めていない冊子ではあればデメリットではない)
  • 写真やイラストは使いにくい

 

モノクロはなんといっても価格が安く抑えられます。論文集や自伝、句集、詩集、社史などはモノクロでタイトルやロゴだけを印字したシックな仕上がりのものが多いです。

色上質紙やレザック、江戸小染、新清流などの色や柄がついたものを使えば十分華やかな仕上がりになります。

モンテシアン、モンテルキアなどの画用紙調の質感がある紙も、シンプルなデザインが上品に綺麗に表現できます。

取扱い用紙

 

デメリットは、やはり地味になりがちという点です。写真やイラストはモノクロに変換しないといけないので、場合によってはやや古くさく見えます。

華やかさ、若々しさを表現したい場合はやはりカラーがいいでしょう。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短3月6日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから