株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

冊子サイズの決め方

「A判」とか「B判」でなに?

 

冊子をつくろうとする時は、まずサイズを決めることが必要です。
A4とかB5などと表現されているのを目にしたことがあるかもしれませんが、実際にどのくらいの大きさなのか、比較してみましょう。

 

冊子の最適サイズ

 

A4は最も普及しているコピー用紙、B5は一般的な大学ノートの大きさといえばわかりやすいでしょうか。冊子の大きさは用途に合わせてさまざまですが、イシダ印刷が発注を受けるのはB5が最も多く、2番目はA5が多いようです。

 

ではこの「A」や「B」という大きさはどのように決まっているのでしょう。これは紙の規格サイズというもので、A0やB0というサイズの用紙を切ってできたものです。

 

例えば

A0サイズ・・・841×1,188mm

B0サイズ・・・1,030×1,456mm

 

となりA判の方でいうと、A1はA0を半分に切ったサイズ。A2はさらにA1を半分切ったサイズ、A3はA2を半分に・・・となります。B判も同様です。

 

ちなみにA判の方は19世紀末にドイツの物理学者オズワルド氏によって発案されたものだと言われています。1平方メートルの面積「ルート長方形」をA0としています。現在では国際規格サイズとされています。一方B判は日本の美濃紙を起源としたサイズ。面積が1.5平方メートルの「ルート長方形」をB0とした国内規格のサイズとなっています。ともに縦横の比率は1:√2。

 

このようにそれぞれに起源が違うA判とB判。どちらがポピュラーかというのは難しいところですが、国際規格にのっとった印刷物はA判、国内向けのものはB判が多いようです。

 

規定サイズ

 

好きなサイズをカスタムでつくろう

 

イシダ印刷の御見積の中で、サイズを指定する際に「カスタム」という項目があるのをご存知でしょうか。これはA4やB5のように規定のサイズではなく、自分のつくりたいサイズを指定できるサービスです。

例えばA4の変型判で正方形の形にしたい場合。A4サイズは210×297mmですから、210×210mmで指定してください。

変型判は同人誌の即売会などで他の冊子と並べても目立ちますし、バリエーションも楽しめます。

 

原稿は基本的に仕上がりサイズで作成してください。例えば原稿はB5で作ったけれど、仕上がりはA4にしたい、また逆にA4で作った原稿を仕上がりはB5にしたい、などという場合があると思います。結論から言いますと作ることは可能です。しかし、原稿をそのまま縮小、拡大することはきれいに仕上がらない場合もございます。可能な限り、ご希望の仕上がりサイズで原稿作成をお願いしております。

 

印刷料金は、基本的には小さなサイズのものの方がより安価です。ただ、小さいからといって小さい分だけ安くなるということではなく、サイズによってさまざまですので御見積でご確認ください。

特に変型判にした場合は基本のサイズより若干料金が高くなる場合があります。必ず原稿を作る前にご確認ください。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから