株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

冊子レイアウトの基本 その1

本屋に並んでいる小説や雑誌をパラパラめくってみると、ある決まったルールで文字を配置しているのが分かります。冊子印刷の原稿作りは、それらの基本的なルールを抑えるだけでぐっと見やすくなります。

エディトリアルデザイン

小説、論文集、学会誌、報告書など、文字を中心としたページもののデザインを「エディトリアルデザイン」と呼びます。エディトリアルとは編集という意味で、情報をまとめて、どのページにどのように配置するかを考える作業を指します。エディトリアルデザインは、全体の構成を考えながら、紙面のデザインを最適に整える作業です。

本文の書体や大きさを揃えることは勿論、タイトルの大きさや見出しの位置、ページ数の表記、余白の取り方など、ページ数や文字数の多い冊子ものは、全ページ決まったルールでデザインを施されていないと、大変読みづらいものになってしまいます。

wordで作るにしても、indesignやillustratorで作るにしても、後からフォーマットを変えると無駄な作業が増えてしまうので、基本となるデザインは冊子の編集をする前に決めるとスムーズです。

各部の名称

紙面の各部の名称を覚えておきましょう。この基本的な言葉をおさえておくと、indesignなどのレイアウトソフトを使ったり、デザイナーや印刷会社に発注する際にもスムーズです。

まず、紙の方向は「上下」ではなく「天地」といいます。そして「左右」は「小口」「ノド」と表現します。小口は冊子のページの外側に出る方を指し、ノドは綴じた方を指します。ページのレイアウトは基本的に見開きで考えるので、右ページの場合は「右」が「小口」、左ページの場合は「左」が「小口」になります。

そして、冊子のレイアウトを考える前に意識したいのが「段」です。

小説などは一段のものが多いですが、雑誌や教科書などは二段から三段に分かれて本文が流し込まれています。文庫本サイズなら一段でも問題ないですが、A5やA4の冊子が一段でずらずら文字が流れていると非常に読みにくくなってしまいます。

段はページによって変則的に増えたり減ったりしてもあまり違和感がないですが、基本のスタイルは決めておきましょう。

基本のスタイル

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから