株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

冊子印刷に適した画像の解像度は?

冊子印刷の入稿データで作成で特に注意したいポイントの一つが「画像の解像度」です。

モニターで見ている時にはきれいでも、印刷をすると画像がぼやけている、カクカクした部分がある・・・など、画質が下がったように見える場合があります。

 

入稿データの解像度は300~350dpi

ネット印刷や印刷会社に入稿するデータに必要な解像度は300~350dpiです。

dpiはdots per inch(ドット・パー・インチ)の略で、1インチに単色のドットが並んでいる数を表しています。
「ドット」というと丸い点をイメージしますが、実際は正方形です。画像データをどんどん拡大すると単色の正方形が並んでいるのが分かります。

dpiは高ければ高いほど色の密度が高く、高解像度の画像になります。

 

単色の正方形の集まりである画像データに対して、印刷は単色の点の集まりです。

オフセット印刷、オンデマンド印刷ともにCMYKの4色の小さな点が集まって文字や写真を表現します。
印刷機で表現できる解像度の最高値が300dpiになっているので、例えば1200dpiや1600dpiの画像を入稿しても300dpiで印刷されます。高解像度で入稿すれば印刷結果がより綺麗になるわけではありません。

 

入稿データの解像度は300~350dpiに設定します。
それ以上の解像度はデータ容量が重くなるだけでなく、オンライン入稿の送信時や印刷会社の作業時にエラーが起きることもあります。印刷会社で指定されている解像度を確認して入稿しましょう。

印刷に必要な解像度は300dpi以上

モニターの解像度は72dpi 印刷よりも低い

モニターの解像度は72dpiです。

スマートフォンや高解像度ディスプレイなど100~200dpiの製品も普及し始めていますが、ウェブサイトの画像やデザインは基本的に72dpiで作られています。

 

モニターはそれ自体が発光して画面を表示しています。虫眼鏡で拡大して見ると、カラフルなネオンがびっしりと並んでいるように見えます。

モニターの解像度は印刷より低い

 

パソコンやスマートフォンを見ている時は意識しませんが、300dpiの印刷に比べると解像度は低いです。

そのため、Webデザインは極細の線は使われていなかったり、モニター画面は絵画やイラストの細部を精密に表現できていません。

WEBサイトの画像を印刷すると画質が悪い理由【解像度とピクセル数】

 

入稿データに使う画像は解像度300~350dpi、配置するときの原寸サイズで!

Wordに配置する原寸サイズで編集、保存する

 

スキャナーを使ってスキャンしたイラスト画像やカメラで撮影した画像データを入稿データの作成に使う時は、配置する原寸サイズで解像度350dpiの画像を用意します。
レイアウトをするうちに画像の大きさはころころ変わるので、あらかじめ大きめなサイズを用意して、サイズが決定したら配置する原寸サイズの画像を作るといいでしょう。

 

過去に別の人が作った画像を使用したり、WordやPowerPointに挿入されている画像を使用する際に、本来の解像度がわからないケースがあります。
そんな時は画面で400%程度に拡大表示して、画像が粗くないか確認します。

400%に拡大した状態で、曲線やグラデーションにカクカクとした段差が生まれていなければ、綺麗に印刷されます。

 Wordで画像を配置する、図形を作る方法【冊子のデータ作成】


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短12月13日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから