株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

冊子印刷のPDF入稿にトンボを付けないって本当?

PDF形式ファイルでの入稿は、今ではネット印刷のスタンダードになりつつあります。
PDF入稿はIllustratorやInDesignのように、リンク画像を原稿データと同一フォルダ内にパッケージする必要がなく、データ量もコンパクトで、エラーが起きにくいファイル形式です。

Adobe社のデザインソフトからWordやPowerPointなどOffice系ソフトまで、アプリケーションにかかわらず書き出せるのも便利です。

 

イシダ印刷でもPDF入稿を推奨していて、PDF入稿には割引サービスがあります。
原稿データをPDFに変換して入稿するだけで10%OFF!9割以上のお客様がPDF入稿をご利用になっています。
10%OFF!PDF入稿ガイド

 

お得なPDF入稿なのですが、イシダ印刷では冊子印刷の入稿データに「トンボをつけない」というルールがあります。PDF入稿も同様に、トンボを付けずに入稿していただいております。
トンボをつけて入稿するネット印刷が大半の中、ちょっと変わっていますが、今回はトンボをつけずに入稿する理由、データ作成についてお伝えします。

 

冊子印刷の入稿データにトンボを付けない理由

トンボは印刷物の裁断位置を示す大事な印です。
「入稿データにトンボが不要」となっていても、実際はトンボを付けずに印刷するわけではありません。

 

冊子印刷は、チラシや名刺のようにデータをそのまま印刷するのではなく、製本して順番通りになるように1ページずつ「面付け」をしてから印刷します。

入稿データの各ページは1、2、3、4・・・と順番通りに並んでいますが、面付けされると最初のページと最後のページが隣り合ったりして、ばらばらになります。

印刷会社では面付けした状態でトンボをつけるため、入稿データにはトンボが付いている必要がないのです。

 

  • PDFデータの変換・設定の関連記事

WordからPDFへ変換方法とPDF入稿の印刷価格【安全&安い】

【Illustrator,InDesign】PDF入稿の設定方法を解説

 

PDFデータに「トンボを付けない」データ作成方法

PDFデータにトンボは不要

 

Illustratorの場合、トンボを付けずにA4やB5など仕上がりサイズでPDF形式に変換します。Photoshop、Officeソフトはトンボ機能はありませんので、仕上がりサイズでPDF形式に変換します。

どちらも変換前に、元データを別名保存しておきます。
PDFに変換した後は、データ作成に使ったソフトのように編集ができません。後で編集や修正ができるよう、必ず元データを別名保存しておきましょう。

 

フチなし印刷は「塗り足し」を付ける!

塗り足し

フチなし=断ち切りのデザイン、ページの端まで画像や背景、罫線をレイアウトする場合は「塗り足し」が付いたPDFデータを入稿します。
塗り足しは仕上がりサイズの外側、上下左右3mmまでオブジェクトを広げます。PhotoshopやWordは仕上がりサイズの縦、横ともに+6mmがページの設定サイズになります

 

作成ソフト別に解説した PDFに塗り足しを付ける方法(Illustrator,Photoshop,InDesign,Word,PowerPoint)も参考に、PDF入稿で失敗せずにお得に印刷しましょう。

 

入稿データのルールは印刷会社によって異なっています。
何がNGで、何がOKなのか、注文前、入稿前に必ずチェックしておきましょう。

イシダ印刷ではトンボを付けずにデータ入稿します。
もし、トンボが付いているデータを入稿すると「完全データ(修正・加工の必要のない、印刷可能なデータ)」とならず、再入稿になってしまいます。

再入稿になってしまうと印刷会社とのやり取りが生じたり、急いでデータを作り直すとミスがあったり、再入稿が遅れると納期も延びる可能性があります。入稿前のしっかりチェックを行って、PDF入稿をお得にスムーズに進めましょう!

イシダ印刷の入稿原稿について


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短8月10日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから