株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

写真やイラストの取り込み方

写真とカメラ

卒園アルバムや卒業アルバム、写真集をアナログ原稿で作る場合、最終的にはデジタルデータの「PDF」で入稿するので、スキャナでパソコンに取り込む作業が必須です。

綺麗に印刷するために必要な設定をきちんとおさえておきましょう。

・スキャンの基本的な設定1 原寸サイズ×350dpi

画像を綺麗に印刷するためには、解像度が350dpi必要です。それはオンデマンドの場合もオフセットの場合も変わらない鉄則です。

dpiとはDots Per Inchの略で、1インチの中にどれだけの数のドット(色の粒)が詰まっているかを表しています。写真もイラストも、photoshopなどでどんどん拡大していくと、赤や白、黄色などの単色の正方形の集合体になっていることが分かります。この正方形のことをドットといい、ドットがたくさん集合した画像のことを「解像度が高い」、少ない画像を「解像度が低い」と言います。

パソコンのモニターは72dpiか92dpiなので、100dpiの画像も350dpiの画像も原寸表示した時に同じように見えますが、印刷では解像度が低いとぼんやりした仕上がりになってしまいます。どんなに高い印刷技術でも、解像度の低い画像をくっきりと綺麗に仕上げることは出来ません。パソコンのレイアウトソフトで編集していると、画像の解像度が足りないことに気づかないまま作業をしていたということが起こりがちですので、入稿する前にも解像度が足りているかどうかきちんと確認しましょう。

しかし解像度が高ければ高いほどいいというものでもありません。モニターの解像度が決まっているのと同じように、印刷で表現出来る解像度も350dpiと決まっているので、350dpiでも600dpiでも同じ仕上がりになります。解像度が高くなれば高くなるほどデータ量が重くなり、扱いづらくなるので、必要以上に大きな画像にするメリットはありません。

・スキャンの基本的な設定2 TIFFで保存

JPEGは色調補正をしたり、保存しなおしたりする度に劣化するので、綺麗なデータを作りたい時にはおすすめしません。TIFFで保存してphotoshopで最終調整、レイアウトソフトに落とし込む時にはpsd形式で貼り付けが望ましいですが、TIFFやpsdが開けないレイアウトソフトを使用する場合はJPEGにしておくのが無難です。その場合、あまりデータを劣化させなくて済むように、スキャンする際の色調補正をなるべく完璧にしておきましょう。

・スキャンの色補正

スキャナーのソフトウェアは、スキャナーのメーカー、機種によって異なりますが、たいていスキャン時の色調や明るさを設定するメニューがあります。モノクロ、カラー、解像度だけでなく、画像を赤っぽくしたり、青っぽくしたり、コントラストを上げたり下げたり、プレビューモニターで確認しながら好みの色調に設定することができます。例えば明るくしすぎて色が白飛びした状態でスキャンすると、あとからphotoshopで明るさを正常に戻そうとしても、全体的にグレーになってしまうだけです。スキャンをする時は、なるべく明るくも暗くもなく、色の偏りのない状態で取り込みましょう。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから