株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

印刷すると色が暗くなる原因はRGBとCMYKの違い。失敗しない方法は?

印刷すると色が変わる、暗くなる理由

プレゼン資料や講習会資料、テキストなど、PowerPointやWord、Excelで作成した資料を印刷すると、色が暗くなる、くすむ、沈む・・・これらの原因は色表現の違い=RGBとCMYKの違いです。

RGBとCMYK

RGBは光を混ぜて色を表現する方法で、CMYKはインクを混ぜて色を表現する方法です。RGBは光なので、明るく鮮やかな色域がとても多く、CMYKでは再現できない蛍光色に近い色も多く含みます。

 

RGBとCMYKでは表現する色域に違いがあるため、RGBからCMYKに変換すると、暗く沈んだような色味に変わってしまう色もあります。特に、RGBでは(画面上では)鮮やかに表現できる蛍光色に近い黄緑やシアン、ピンクなどは、印刷すると(CMYKになると)くすんだ色味になります。

RGBからCMYKに変換した色の変化

 

PowerPointやWord、Excelで画面上に表現される色はすべてRGB方式で作られていて、書き出しされるPDFファイルもRGBです。
しかし、データを印刷すると、色表現はRGBではありません。印刷機やプリンターはインクで表現されるCMYKなので、例えば、ネット印刷などに入稿したPDFは、印刷会社でCMYKに変換されて印刷工程に入ります。

モノクロの原稿データでは色味の変化はほぼ起こりませんが、フルカラーの原稿データだと、思っていた色味とは違った印刷物になるケースが起こりえます。

 

印刷をする時は「鮮やかな色をそのまま忠実に再現できない」と覚えておきましょう。

 

関連記事:
WordやPowerPointで印刷したら色が暗い、くすむ時の理由と対処方法
WordやPowerPointで冊子や本の原稿データを作る【設定や保存方法】

 

CMYKで鮮やかな色は表現するには? CMYKの設定で彩度を上げる

オフセット印刷もオンデマンド印刷も色表現はCMYKです。
シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の4色のインクでフルカラー印刷を表現しています。

インクの色をそのまま100%使用した黄色(Y100)、濃いピンク(M100)、濃い水色(C100)が、最も彩度の高い色です。目立たせたい箇所には原色を100%使用した色を使うといいでしょう。

 

目立つ箇所以外の色の彩度をおさえて強弱をつけることで、光っているような印象のデザインができます。

例えば、最も目立つ色として赤(M100 Y100)が、チラシの価格表示や注意書きなどに使われています。

目立たせたい箇所には原色を100%使用した色を使うといい

Word、PowerPoint 画像の印刷で失敗しない方法

文字や図表に用いる色の設定は自分で変えられますが、なかなか目で見てわかりにくいのが写真の色です。

 

晴れた空や南の海の青、新緑の緑など、RGBでしか表現できない色が隠れていることがよくあります。一方、発光しているような印象の鮮やかな写真でも、意外とCMYKの色域に収まっていたりすることもあります。

写真は複雑に色が絡み合っているので、目ではなかなか判断がつきません。

 

写真の色が印刷で変わってしまう現象を避けたい場合は、画像をWordやPowerPointに挿入する前に、Photoshopなどの画像編集ソフトで画像を開いて、CMYKに変換しましょう。
そうすると、モニターで見る色と、印刷の仕上がりの色の差が少なくなります。

 

関連記事:RGBからCMYKに変換する方法(Illustrator、Photoshop、PDF
画像編集ソフトをつかって、CMYKに変換したときに色がくすまない方法を紹介しています。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短9月30日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから