株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

原稿データ作りの手順:台割り表を作ろう

台割りとは?

台割り(だいわり)」 とは、冊子のどのページにどういった内容が入るのか、全体で何ページになるのかを把握、設計することです。
ページ数の少ない冊子でも、どこに何が入るのか決めないと、原稿制作が始められません。
台割りを作っていくうちに、なかなか決まらなかった内容が固まってくることも多々あります。

また印刷注文する際にも、ページ数や表紙、オプション加工の場所などを指定するときに、とても便利です。

 
台割りを表にしたものが「台割り表」です。
冊子の構成をページごとにまとめて分かりやすい一覧にしたものです。

複数の著者が原稿を寄せる論文集や追悼集、アルバムなど、誰の原稿がどこに配置するか、ページ数はどうなっているか、台割り表で管理しないと混乱しがちです。

 
一人で本・冊子を作る場合でも、頭の中で考えて覚えておくよりも、表にして一覧できる方が断然、作業効率も良く便利です。

計画的でミスのない冊子制作のためには必要不可欠なものです。
ぜひ「台割り表」を作って原稿作りをスムーズに進めましょう。

台割り表を作る

「冊子の内容なんて、作りながら考えるから台割を書く意味なんてない」
と思っていても、以下の画像くらいのシンプルな情報が書いてあるだけでも十分です。

 
台割り表の種類は2つあります。

見開きタイプの台割り表

綴じ方向(左綴じ、右綴じ)を考えて、構成を決められます。

写真やイラストを入れたり、デザインに凝りたい時はページの絵を描くとよりイメージしやすいです。何ページと何ページが見開きになるかなど、最初に台割を作ってしまって、パッと目で見てわかるようにしておくと、原稿作成がとてもスムーズです。台割り表(見開きタイプ)

台割り表2

表形式の台割り表

表計算ソフトのExcel(エクセル)などで作ってもいいでしょう。

ページ数の多い論文集、小説、アンソロジー、追悼集、記念誌などは、ページの絵を描いていると膨大な量になってしまうので、表形式の方がスムーズでしょう。

台割り表(表形式)

この形式で台割り表を作る場合も、どのページが見開きになるのか考えつつ作りましょう。
冊子は短ページではなく、見開きで読むものです。

特にパンフレットやカタログ、写真集などは見開きでのレイアウトを意識してデザインするため、台割り表が欠かせません。
また、複数ページにわたる文章は見開きで完結するときれいです。

台割り表は手書きでも可!

形式に特に決まりは無く、自分や共同執筆者が分かりやすい形であればなんでもOKです。

デザイン事務所や編集プロダクションでは、PowerPointやエクセルで作る人が多いですが、もちろん手書きでも構いません。
ミスコピーの裏に走り書きするだけでも全然違うので、どんなにページ数の少ない冊子を作る時も、まずは台割を作って原稿制作を始めましょう。

台割り表に書きこむ内容、項目

台割り表には、原稿の内容をシンプルに書きます。

 
紙面をどのようなレイアウトにするかは別の制作作業なので、台割り表はシンプルに素早くをイメージして作りましょう。

・通し番号

・ページ数(ノンブル)

・ページの内容

・用紙

・印刷の色(4色/CMYK、1色/K)

・オプション加工(扉や片袖折りの位置など)

項目ごとに、タイトルや概要を一言程度でまとめて、一目でわかるように書きます。
写真や図表が入る場合には「◯◯の写真」や「◯◯のグラフ」など具体的な内容を書きましょう。
未定の場合は、大雑把な流れがわかればいいので「未定」としておくのもOKです。

作業を効率的に進めることを優先に考え、自分のやりやすい書き方を見つけましょう。
 

台割り表機能があるデータ作成ソフト

漫画作成ソフトやInDesignなど、冊子制作に長けたソフトは見開きで表示され、ページ数が一目でわかるサムネイル機能もついています。

PhotoshopやIllustratorなどを使う場合は、そういった機能はないので、台割りで整理、確認しながら作業を進めましょう。
 

オンラインの台割りツール

台割りEditor」という台割を作って編集もできる、便利なWEBサービスもあります。(無料/要登録)

1ページ目はどこから?

台割り表の便利なところの一つに「ページ数が整理、把握できる」ことです。

P1がどこから始まるのか?
これが意外に曖昧になっていることが多いでです。

表1から表4 左綴じ
 

台割り表で、表紙とページの関係を明確に

表2(表紙の裏)からP1が始まる場合はP1とP2が見開きになりますが、表2に何も印刷しない予定なら、P2とP3が見開きになります。

表紙を開いてすぐのページを空白のままにしておいて、最初の見開きから始める場合もあります。

とくに決まりはないので、内容のボリュームや自分の好みで決め、台割り表に書き込んでおきましょう。
 

ノンブル(ページ数)はどこから始める?

ノンブルの入れ方は冊子によってまちまちで、表2や遊び紙などの空白ページもページ数としてカウントして、本文の1ページ目(表紙や遊び紙を開いてすぐのページ)がP4という表記になる場合もあります。

これらも台割り表に書いておくことで、原稿作成中にいつでも確認できて、整理しやすいです。
本や冊子の原稿作りは、どのページから本文の内容が始まり、どのページが見開きになるのかを考え、設定しておかねばなりません。

 
特に、中綴じの場合のページ数は4の倍数で作らなくてはいけないので、内容を調整するために台割り表は必ず必要になるでしょう。

印刷の仕様も台割り表の項目に加え、印刷注文をスムーズに

台割りを作って作業を進めると、印刷注文を間違えなくなるという利点もあります。
以下のようなミスは、構成の変更をする都度、台割り表を随時更新しすることで防ぐことができます。

 

●ページ数の数え間違い
ページ数の多い冊子を編集、制作していると、内容が増えたり減ったりして、ページ数が分からなくなってしまうものです。常に正しいページ数を念頭に置いて作業を進めましょう。

●本文の用紙変更を忘れる

●印刷色の変更を忘れる

●片袖折り加工などを入れる時にページの指定間違い

●表紙は片面印刷なのに、原稿に表2表3を入れてしまう

●モノクロ・カラー混在印刷のページごとの印刷色の指定ミス
台割に色数を記載しておくと間違えず、入稿データを開きながら確認する手間が省けます。
フルカラーを「4c」モノクロを「1c」と読んだりします。モノクロ、カラーと書くより簡単なので、おすすめの表記方法です。

カラー、モノクロの混在印刷で損していませんか?半額以下も可能!イシダ印刷の独自価格

カラー・モノクロ混在印刷のデータ作成・入稿ガイド

 
いざ印刷会社に原稿を送る段階になると、表紙は間違っていないか、ノンブルは間違っていないか不安になるものですが、台割り表を見ながら確認すれば安心です。

表を作る際に、わかりやすく印刷方法や用紙の種類の欄を設けて書いておくと、焦らず落ち着いて印刷を発注できます。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。



プロと一緒に プロにまかせて【入稿データ作成代行サービス】

自分史や会報、写真集などの本・冊子の入稿データ作成を文字入力から承っております。
お客様は本が届くまで待っているだけ!
「データの作り方がわからない」「時間がない」を経験豊富なDTPデザイナーと専任アドバイザーが、まるごと解決します。 詳しくはこちらのページをご覧ください。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→

印刷・製本の価格について

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

  • 報告書・資料

    1冊あたり95円~

    報告書・資料の印刷・製本

    表紙:上質110K
    本文:上質 70K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 95円~
  • テキスト・問題集

    1冊あたり381円~

    テキスト・問題集の印刷・製本

    表紙:コート135K
    本文:上質90K
    表紙 片面カラー
    本文 モノクロ・カラー混在

    1冊あたり 381円~
  • 学位論文・論文集

    1冊あたり590円~

    学位論文・論文集の印刷・製本

    表紙:コート110K
    本文:書籍72.5K
    表紙 片面モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 590円~
  • 作品集・画集

    1冊あたり129円~

    作品集・画集の印刷・製本

    表紙:アートポスト180K
    本文:上質 70K
    表紙 カラー
    本文 モノクロ

    1冊あたり 129円~
  • 記念誌

    1冊あたり569円~

    記念誌の印刷・製本

    表紙:マットコート180K
    本文:上質 70K
    表紙 カラー
    本文 モノクロ/カラー混在

    1冊あたり 569円~
  • マニュアル

    1冊あたり56円~

    マニュアルの印刷・製本

    表紙:色上質特厚口
    本文:上質 70K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 56円~
  • 小説・自費出版

    1冊あたり741円~

    小説・自費出版の印刷・製本

    表紙:アートポスト160K
    本文:上質 書籍72.5
    表紙 カラー片面
    本文 モノクロ

    1冊あたり 741円~
  • 俳句集・歌集

    1冊あたり579円~

    俳句集・歌集の印刷・製本

    表紙:色上質最厚口
    本文:書籍55K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 579円~
  • 自分史

    1冊あたり954円~

    自分史の印刷・製本

    表紙:マットコート180
    本文:上質90K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロカラー混在

    1冊あたり 954円~
  • 文芸誌

    1冊あたり591円~

    文芸誌の印刷・製本

    表紙:色上質特厚口
    本文:上質 書籍72.5K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 591円~
  • 卒業アルバム

    1冊あたり599円~

    卒園・卒業アルバムの印刷・製本

    表紙:アートポスト180K
    本文:マットコート135K
    表紙 カラー両面
    本文 カラー

    1冊あたり 599円~
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

その冊子、イシダなら???円で印刷!

その冊子、イシダなら???円で印刷!

【11月30日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから