株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

原稿作りの手順 表紙を作ろう

冊子の原稿を作る時は、まず本文と表紙を分けて考えます。

冊子は本文を表紙用紙でくるんで製本した状態のものをいいます。本文はP1、P2、P3、P4……と、無線綴じの場合は2の倍数、中綴じの場合は4の倍数で自由に増やしていきますが、表紙台は表1~表4の計4ページと決まっています。表紙は本文を包み込む冊子の顔のような存在で、本文とは扱いが違うものです。用紙も、たいてい本文よりも厚めの紙や色のついた紙などを使用し、本文用紙とは別に印刷をします。

表1/表2/表3/表4とは?

初めて冊子印刷をする時に混乱しがちなのが、表紙台の呼び方でしょう。表紙の印刷は、冊子の一番表にくる「表紙」だけでなく、本文をくるんでいる一番外側の紙の表裏をワンセットで考えます。

一般的に「表紙」と呼ばれる部分が「表1」で、本の一番後ろの「裏表紙」が「表4」です。表紙をめくった時に見えるページ(表1の裏側)が、「表2」で、裏表紙をめくった部分が「表3」です。表紙台を広げて見ると、表1と表4が隣り合って同じ面に印刷されていて、裏側に表2と表3が印刷されている状態です。

個人制作の印刷でも、商業印刷でも、表1~表4という用語は必ず使うので覚えておきましょう。

表紙に入れる情報

原稿作りの手順 表紙を作ろう表1にはタイトルと著者名を忘れずに入れましょう。冊子の顔となる部分なので、見栄えのいい写真やイラストなどを使って、楽しくデザインしましょう。デザインによっては、タイトルだけを象徴的に入れて、著者名などの情報は入れない場合もあります。その時は、著者名は背表紙か表4に忘れずに入れるようにしましょう。

発行者、発行日などの細かい情報は、たいてい表4か、本文ページの最後に入れます。小説などの一般的な書籍は、発行年月日、発行者、版数などを本文の最終ページに印刷します。これを「奥付」といいます。

表2・表3は、印刷せずに空白のままというケースも多いです。表紙を片面印刷にするとコストが安くなるので、特にデザインや構成にこだわりがない場合は、表2、表3は印刷なしでも冊子として違和感はありません。

ページ数が少なめで情報の多いカタログ、パンフレット、会社案内などは、表2を本文の1ページめとみなして構成します。その場合は、表紙はなるべく本文と同じ種類の紙か、似たものを使いましょう。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから