株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

原紙サイズの由来

原紙サイズの由来紙を裁断する前のサイズ「原紙」は、JISで定められたものだけでも5種類もあります。印刷所は、面付けの効率がいいサイズや、一番コストのかからないサイズを適宜選択して使います。冊子を発注する際に、お客様が原紙のサイズまで気にする必要はありませんが、印刷所の見積もりや文具店、製紙メーカーでよく見かける「原紙」のサイズに馴染んでおくと、印刷への理解が深まり、冊子制作が楽しくなります。

A列本判(625×880mm)

様々な冊子やチラシ、コピー用紙などで最もメジャーなサイズ、A4のもとになる紙です。A4列本判はA1より少し大きく、印刷する時にトンボや適度な余白が入れられるようになっています。日本では様々な印刷物に使用される登場頻度の高いサイズですが、日本に取り入れられたのは1929年で、意外と歴史は浅いです。ドイツの工業規格が元になっており、今では世界で広く普及している国際規格です。

B列本判(765×1,085mm)

B列はA列と対になって扱われがちですが、実はその歴史はほとんど接点がありません。B列は、江戸時代に広く使われていた「美濃和紙」の判型に由来します。A列がドイツ発祥で国際規格なのに対し、B列は日本独自の規格で、日本のB列と海外のB列は微妙に違うので注意しましょう。

菊判(636×939mm)

菊判は日本風な呼び方ですが、日本発祥のサイズではなく、明治時代に新聞用紙としてアメリカから輸入した紙です。「菊」の由来は新聞の「聞く」や、アメリカの商標のダリアからとられたとされています。A列より少し大きいサイズなので、A列本判と菊判はほとんど同じような使われ方をしています。

四六判(788×1,091mm)

四六判は、明治時代に取り入れられた、イギリスの紙の規格「クラウン判」がもとになっています。

B列のもとである、日本で古くから親しまれてきた美濃判と似ていることから使い勝手が良く、広く定着しました。B列本判より少し大きいので、B規格の印刷に使われます。

ハトロン判(900×1,200mm)

ハトロン判は、冊子印刷ではほとんど登場しないサイズでしょう。薬莢を包む、片面がつるつるした丈夫な紙の「patroonpapier」が語源です。今でも基本的に包装紙として使用されています。包装紙の他には、カレンダー、地図などの大きな印刷物によく使われています。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから