株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

最大35%OFF & 無線綴じ製本代50%OFF!!
11月25日(月)まで

右綴じ?左綴じ?どっちにすればいい?~冊子づくりのポイント(1)~

本・冊子には「右綴じ」と、「左綴じ」があります。
表紙を上に冊子を置いて、綴じの部分が左側に来るのが「左綴じ」、右側に来るのが「右綴じ」です。
「左開き」「右開き」という言い方もしますが同じ意味です。

 
ページを左に繰っていく本を「左開き」と言い、これは左綴じです。
同じくページを右に繰っていく本を「右開き」と言い、右綴じのことを指します。

 
では、冊子を作るとき、綴じ方向はどうやって決めたら良いでしょうか?

binding_img03

「縦書き」は右綴じ、「横書き」は左綴じ

どちらの綴じ方向にしたらいいのかは本文が「縦書き」か「横書き」か、が判断基準になります。

読者が本文を読む目線の流れ、文字を読む方向を考えて決まっています。

 
本文が縦書きの場合は右綴じ、本文が横書きの場合は左綴じになります。本文が縦書きだと「右綴じ」本文が横書きだと左綴じ

縦書き本文と写真などが混じった新聞や雑誌は?

新聞や雑誌、週刊誌には写真やイラスト、広告などの囲みや四コマ漫画などさまざまな要素が入っていますが、本文は縦書きです。

文章の書きだしが紙面の右上から始まり、読む方向は左下へ進みます。

つまり、これらは本文が縦書きでなので、右綴じにすればよいわけです。

 
中には横書きのコラムや広告などの囲み記事や、表・グラフなどの紙面に占める割合が、本文より多くなってしまっているページもあります。
それでも、本文が縦書きであれば右綴じになります。

 
横書きの囲み記事ばかりを目で追っていると、つい読み進む方向が右側へ行ってしまうかもしれません。
それでも綴じ方向はあくまでも本文の「縦」「横」に従います

 
英字新聞や洋書は本文が横書きです。なので「左綴じ」ですね。

マンガは右綴じ?それとも左綴じ?

では、本文がないマンガなどはどうでしょうか?

 
マンガはコマ割りでページが成り立っています。

吹き出しなどの文章部分のほとんどが横書きだったとしても、日本のマンガは右上から左下へ流れるように読み進めるのが一般的です。従って縦書き扱いとなり、右綴じにしますマンガはコマを横向きに読んでも「右綴じ」

日本は縦書きがまだまだ優勢

日本の書籍、冊子には新聞や小説など「縦書き・右綴じ」が多いようです。

電子書籍には綴じ方向こそありませんが、縦書きで右方向にページを送っていく読み方ですね。

 
パソコンで文章を打つ時や、インターネットのブログやSNS、大半が横書きになっているのに、なんだか不思議な気もしますが…。

 
ブログの文章をそのまま書籍にしたり、IT関連の横文字を多用したりする冊子には横書き・左綴じの冊子も増えてきています。

私の世代ではじっくり読む文章はやはり縦書きの方が読み慣れているかと思いますが、電子書籍なども縦書きのまま読めるようになっているので、私の「読みやすさ」の感覚と今はそう変わらないのかもしれません。

 
参考記事:文字や図版を読みやすく配置する【本・冊子レイアウトの基本 その2】
こちらの記事では綴じ方向を踏まえつつ、紙面を読みやすくするための文字、写真、余白や本ならではの構成要素をレイアウトするポイントをご紹介しています。

 
今回から冊子づくりのポイントを4回シリーズで記事を書いていこうと思います。

次回は読みやすいのは「縦書き」か「横書き」か? ~冊子づくりのポイント(2)~

です。
~冊子づくりのポイント~ 他記事一覧

今すぐ試せる!印刷費用を安くする5つの方法~冊子づくりのポイント(3)~

せっかく本をつくるなら豪華に見せたい! ~冊子づくりのポイント(4)~

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大35%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

ご注文・お見積もりはこちらから