株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

同人誌は手作りコピーより印刷所がおすすめ

コピーより印刷所がおすすめ

同人誌の印刷と製本の移り変わり

最近の同人誌の印刷や製本は、もはや書店に並んでいる本と大差ありません。
ページ数が普通の書籍に比べて少ないため、オタクの間では同人誌のことを「薄い本」と呼ぶようになっています。消費者の認識では、同人誌は間違いなく「本」なのです。
昔は、オフセット印刷で新刊を発行できるのは大手サークルに限られていました。
それほど何冊も売れないようなサークルは、コピー誌を手作りするのが普通でした。
コピー誌というのはその名の通り、原稿を冊数分コピーして、ステープラー(ホッチキス)で束ね、本の形にしたものです。
製本テープでノートのように仕上げる方法もありますが、だいたいはそのままなので、見た目は良くありません。
ほんの数冊作りたいというだけなら、印刷所に注文しなくても手作りすればいいというわけです。個人もしくは少人数のサークルで同人誌を発行する時は、主にこのような手段が用いられていました。
しかし近年は、コピー誌も廃れてきてしまいました。理由はいくつかあります。

同人のコピー誌が廃れた理由

まずは、コピーする場所です。コピー機がある場所といえばどこが思い浮かぶでしょうか? コンビニエンスストアですね。
まだコンビニにコピー機が設置される前は、コピーはどこででもできるものではありませんでした。「1枚○円」と看板が出ている文房具店などに行き、店員に原稿を渡してコピーをとってもらっていたのです。
現在はコンビニのコピー機にチャリンと小銭を入れるだけで、誰でもセルフサービスでコピーがとれるようになりました。
しかしその反面、人目が気になるという声が増えてきました。コンビニですから客の数も多く、長時間にわたってコピー機を占領するわけにはいかなくなったのです。
あとは、原稿を中に置き忘れてきてしまうという失敗も多発しているようです。
誰でも簡単にコピーがとれるようになったことで、こっそりとコピー誌を作るということが、逆にしづらくなってきてしまったということですね。

現代の同人誌印刷はきちんとした製本が主流

人目を気にして恥ずかしい思いをするぐらいなら、同人誌の印刷も製本も印刷所に発注したほうが楽な時代になりました。
印刷の技術は上がっているのに、印刷料金はお手頃価格になってきています。
オンデマンド印刷という、オフセット印刷よりも手軽に発注できる印刷方法も選べます。
丁寧に原稿を仕上げた後は、自分であれこれ面倒な作業はせず、同人誌の印刷・製本はプロにおまかせしてしまいましょう。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから