株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

心がけるだけで見た目すっきり!  ~レイアウトのコツ(2)

前回はチラシや本をつくる際に、レイアウトのコツを押さえるだけで見やすさが変わってくることをお話しました。今回はさらに一歩踏み込んで、読みやすさ、見やすさをアップさせるレイアウトのポイントについて解説したいと思います。

レイアウトデザインパソコンでチラシや本をデザインされる方も多いと思いますが、数種類の書体(フォント)を使用される方がいらっしゃいます。パソコンの「ワード」などのワープロソフトやレイアウトソフトで書体を選ぼうとすると、確かに何十種類も出てきます。いったいどれを選んだらよいのか、迷ってしまうのではないでしょうか。せっかくたくさんの種類の書体があるからといって、タイトルや見出し、本文、囲みとすべて違う種類の書体を選んでしまったりはしていないでしょうか。

書体が変わると見た目にも変化が出ますし、華やかでにぎやかなレイアウトになることは確かです。しかし、書体に変化を持たせた上に文字の大きさも何種類も使い、さらに色も・・・となるとまとまりがなくなってしまいます。思い切ってタイトル、見出し、本文はともに1種類のみにして大きさを変えるだけにしてみてください。すっきりと見やすいデザインになると思います。多くても2種類までに留めておくことをおすすめします。

目立たせたいなら少ない色使いで効果的に

色の選び方また色の選び方にもコツがあります。カラー印刷を前提として作成する場合、つい多くの色を使ってしまいがちですが、全体的に色のトーンを統一しておくことがポイントです。相性のよい2種類くらいの色でタイトルや本文をつくり、目立たせたい場所には差し色的に他の色をつかうとより効果的です。例えば「価格の違い」「材料の違い」「大きさの違い」など、その内容の中で「一番言いたいこと」に目立つ色を使うこと。あれもこれもと多くの色を使うより、見る人に訴えたいこと1種類のみに違う色をつかうとより洗練されたデザインに見えるのではないでしょうか。

書体や色の違いをうまく利用するだけで、驚くほど簡単に見やすく読みやすいチラシや冊子ができると実感していただけると思います。ポイントはどちらも使い過ぎないこと。パソコンやソフトの機能が向上し、とかく多くの種類から選べる現代では、あれもこれもと過剰に試してみたくなるのはわかります。しかしここはぜひ、すっきりとしたデザインを心がけてより多くの人に目にしてもらいやすいレイアウトに挑戦してみてください。

チラシや冊子の印刷はぜひイシダ印刷へお気軽にご相談ください。親身にご相談にのりますよ。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから