株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

期間限定!
新規会員登録でクーポンGET!

文庫の印刷製本と価格、適した用紙は?

文庫本

文庫本のサイズと製本方法のいろいろ

文庫本のサイズは

横105mm×縦152mm

です。
出版社によって縦が数mm異なります。
また、A6サイズ(横105mm×縦148mm)を通常の文庫サイズとしている場合もあります。

文庫にカバーをつけない選択もあり!

文庫の製本方法は「無線綴じ」のシンプルな作りで、カバーがかかっています。
 

カバーの用紙に独特の風合いのあるファンシーペーパーを使用したり、箔押しやニス加工をしたり、少し凝った装丁の文庫本が出版されることもありますが、一般的には統一された仕様で製作コストを下げ、広く流通できるよう作られています。
 

書店で流通している文庫本にはカバーがかかっているのが大半ですが、その分の製作コストがかかっています。

安価に抑えたい場合は、カバーなしでも十分に本格的な文庫に仕上がります。
表紙の紙を厚みと風合いのあるものを選ぶことで、存在感が増し、しっかりとした丈夫な一冊になります。
 

余白を生かしたい詩集や、グラフや解説図などを挿入する論文、挿絵のあるエッセイなどは細長い新書サイズ(横110mm×縦173mm)もおすすめです。
新書サイズで一行が長すぎると感じる場合は、上下二段組にするとすっきりおさまります。

文庫におすすめの本文用紙「上質紙」

文庫サイズの冊子印刷は、ある程度ページ数があった方が様になります。

ページ数の多い本を読者が読みやすくするには、ページをめくる時のストレスがなるべく少ない紙を選ぶのが定石です。

最も安価でポピュラーな「上質紙」

文庫に限らず、様々な本・冊子の本文用紙に使われるのが上質紙です。
 

文庫には上質紙の中でも55K(厚さ約0.08mm)か、70K(厚さ約0.10mm)の薄手の種類が適しています。
200ページを超えるような作品の場合、背幅が厚くなりすぎると持ちにくいので、上質紙55Kに抑えるといいでしょう。

イシダ印刷の背幅計算ツール

「無線綴じ冊子」の表紙をデザインする際に必要な背幅の計算をすることができます。
使用する用紙と、本文のページ数をご入力いただくと、自動で背幅を表示します。

高級感のある「書籍用紙」

書籍用紙は、上質紙よりもなめらかな質感で程よく手に吸い付いてめくりやすく、淡いクリーム色に着色された紙面は目に優しく、長文を読んでも疲れにくい用紙です。

また、裏の文字が透けにくく、書籍らしい高級感が特徴です。
 

書店で流通している文庫本も書籍用紙が主に採用されています。
書籍の他、学術誌、報告書、会報誌など文字の多い冊子に用いられています。
 

色上質紙で見返しをつけるとさらに本格的な仕上がりに。

文庫におすすめの表紙用紙「色上質紙」

文庫の表紙といえば、定番は色上質紙です。

黄色や茶系の色上質紙に黒一色で飾り罫やタイトルをデザインすると、シックでクラシカルな印象になります。
カラーバリエーションが豊富でくせのない平滑な紙面はどんな内容の冊子にも合います。
また、安価で非常に使いやすい紙です。

色上質紙

イシダ印刷では29色の色上質紙から表紙用紙が選べます。

 

もう少し高級感を出したい時は、レザックを使用すると厚みも出て存在感、高級感が増します。

「皮のような」という意味の「レザーライク」が語源で、カーフ(仔牛の皮)のような凸凹加工が特徴的な高級感と温かみのある用紙です。

参考記事 レザックの使い方1 レザックの使い方2

レザック

レザック。イシダ印刷では26色のレザックをご用意しております。

 

文庫を印刷、製本する価格は?

例えば、文庫サイズで400ページ、500冊を無線綴じで下記のように印刷製本した場合の料金を見てみます。

● 部数:500冊

● サイズ:文庫サイズ(横105mm×縦152mm)

● ページ数:400ページ(本文)

● 用紙:表紙/色上質最厚口(レモン色) 本文/上質55K

● 印刷の色:表紙/モノクロ 本文/モノクロ

この仕様で、イシダ印刷の印刷製本料金は・・・

オフセット印刷 204,577 円(税込) 一冊あたり409.2円

※納期コースが超ゆったりコース (10営業日)、10%割引となるPDF入稿の場合です(2018年9月現在)

になります。
この仕様の場合、背幅は約17.2mmです。(背幅計算ツール を使って計算)

より精緻な印刷品質のオフセット印刷で仕上がり、1冊あたり約400円はかなりのコストパフォーマンス!

カスタム文庫
サイズは「カスタム」からサイズをご入力ください

 

部数やページ数を変えて、またオプションを使った料金は「3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文」ページでお確かめください。

サイズや用紙など、クリックして選ぶだけで自動で料金が表示されます。
「そのままご注文」も「お見積書のPDF発行だけ」もOKです。
 

イシダ印刷の現場では印刷製本の熟練技術者と、書籍に適した設備で仕上げています。
商業印刷の納品実績も豊富で、多くの法人様にご用命いただいております。
小説やコミック、自費出版などお気軽にご相談ください。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。



プロと一緒に プロにまかせて【入稿データ作成代行サービス】

自分史や会報、写真集などの本・冊子の入稿データ作成を文字入力から承っております。
お客様は本が届くまで待っているだけ!
「データの作り方がわからない」「時間がない」を経験豊富なDTPデザイナーと専任アドバイザーが、まるごと解決します。 詳しくはこちらのページをご覧ください。

印刷・製本の価格について

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

PDF入稿と合わせて15%OFF!

PDF入稿と合わせて15%OFF!

【9月30日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから