株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

書籍用紙とは?紙の特徴や書籍用紙を使った本の印刷費、おすすめの印刷仕様

書籍用紙とは?

書籍用紙とは? 質感や印刷効果

書籍用紙は、目に優しい淡いクリーム色で、柔らかく自然な風合いの紙です。
上質紙ベースで、パルプの質感が生かされた「さらさら」とした手触りで、軽くしなやかなめくりの良さと高級感のある紙です。黒文字の印刷がとても美しく、淡い色味の紙が目に負担をかけず、読みやすく上品な印刷表現です。

繊維にしっかりインクが染み込むので退色しにくく、保存性も高いことも書籍用紙の特徴です。また、不透明度が高く、文字が裏写りしにくい点も文字の中心の書籍、冊子の本文用紙に選ばれている理由です。

 

上質紙、コート紙と同じように様々な製紙メーカーが製造している大変ポピュラーな用紙で、クリームキンマリなどが代表的な書籍用紙です。

 

イシダ印刷では、2種類の厚みの書籍用紙を取り扱っています。

書籍用紙72.5K厚さ約0.10mm本文用紙
書籍用紙90K厚さ約0.12mm本文用紙

取り扱い用紙一覧

 

書籍用紙はどのように使われるか

書籍用紙はその名の通り、書籍の本文印刷の定番用紙です。商業出版では、文庫本や小説の多くが淡いクリーム色の書籍用紙で作られています。純白の上質紙に比べ目に優しく、長時間の読書や長文を読む冊子でも目が疲れにくい色合い、質感です。

 

同人誌や自費出版、自伝、記念誌、文集にも本文に書籍用紙を使うと、ぐっと上質で本格的な仕上がりになります。

また、学習用のテキストも長時間文字を注視するので、純白よりも目が疲れにくい、淡いクリーム色の書籍用紙が採用されています。教科書は、フルカラーの図版が入るものは白色度の高いコート紙が使われることが多いですが、文字が中心の問題集やワークは薄く色がついた書籍用紙が使われることが多いです。

論文集、資料集の本文には上質紙が大半ですが、書籍用紙を使うと読みやすさ、高級感が格段に向上します。

 

書籍用紙は淡いクリーム色はとても上品な色味なので、白い紙と同様の用途で違和感なく使える上、美しく読みやすい仕上がりになる使い勝手の良さが、多くの書籍印刷に採用される理由でしょう。

 

書籍用紙を使った本の印刷費は?

書籍用紙の料金は、上質紙より少し高く、コート紙より安い設定です。
ページ数の多い文字中心の書籍、読むことに重きを置いた冊子には、予算を少し上げて積極的に使用したい用紙です。

では、書籍用紙を使うと印刷費はいくらになるでしょうか?
自費出版や企業出版に選ばれるような、B6サイズの書籍の本文に書籍用紙を使った冊子印刷の価格を出してみました。

 

【 書籍用紙を使った印刷製本 価格の一例 】

  • サイズ  : B6
  • ページ数 : 100ページ、200ページ
  • 部数   : 150部、300部、600部
  • 製本方法 : 無線綴じ
  • 表紙   : アートポスト160K/カラー
  • 本文   : 書籍用紙72.5K/モノクロ
  • 印刷方法 : オフセット

 

サイズB6納期150冊300冊600冊
100ページ 超ゆったりコース(10営業日) 37,220 52,502 88,891
ゆったりコース(7営業日) 42,295 59,662 101,012
標準コース(5営業日) 50,754 71,594 117,305
200ページ 超ゆったりコース(10営業日) 67,755 92,304 147,525
ゆったりコース(7営業日) 76,995 101,508 167,642
標準コース(5営業日) 92,392 121,809 201,170
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

このような仕様なら、100ページ300冊の書籍を1冊あたり約175.5円の予算で、書籍用紙を使った印刷製本ができます。
※2020年1月現在(通常価格、10%割引のPDF入稿、超ゆったりコース(10営業日))

 

参考記事:
 上質紙と書籍用紙の印刷価格を比較【モノクロ(白黒)冊子に最適な本文用紙】

 

書籍用紙でつくる文庫本 おすすめ仕様と印刷価格

同人誌、自費出版、小説、詩集、句集で文庫本を作るときは、書籍用紙の本文がおすすめです。

 

印刷製本の注文は、A6を指定します。
文庫本のサイズはA6(横105mm×縦148mm)なので、A6を選び、製本方法は無線綴じ、本文用紙に書籍用紙を指定すれば文庫本の体裁になります。幅のある背表紙が文庫本らしいので、背幅をだすため80ページ以上の本文が望ましいです。

 

文庫サイズの文字数と背幅

5万字原稿用紙125枚83ページ背幅 約4.5mm
8万字原稿用紙200枚133ページ背幅 約7mm
10万字原稿用紙250枚167ページ背幅 約8.7mm
12万字原稿用紙300枚200ページ背幅 約10.4mm

※1ページ600字/表紙用紙・色上質紙最厚口/本文用紙・書籍用紙72.5K
背幅計算ツール

 

A6以外の文庫サイズで製本したい場合はカスタムサイズを指定します。
横90mm~210mm、縦 120mm~297mmの範囲で様々なサイズの本を作ることができます。

 

文庫本の表紙には「色上質紙」がおすすめ

表紙の用紙を「色上質紙の最厚口」にすると、岩波文庫などの商業出版の文庫のように仕上がります。「白茶」や「アイボリー」の色上質紙最厚口にして墨文字のタイトル、飾り罫をあしらえば、クラシックで風格のあるデザインになります。

 

イシダ印刷の色上質紙最厚口(厚さ約0.18mm)は29色からお選びいただけます。

カラー印刷やコート紙を使わないため、印刷費をとても安く抑えることができるので、おすすめの仕様です。

【色上質紙を表紙に使った文庫本の印刷費 価格の一例 】

色上質紙の表紙は、優美な雰囲気の本に仕上がるだけでなく、カラー印刷や塗工紙を使わない分、印刷費をとても安く抑えることができるおすすめの仕様です。

  • サイズ  : A6
  • ページ数 : 100ページ、200ページ
  • 部数   : 150部、300部、600部
  • 製本方法 : 無線綴じ
  • 表紙   : 色上質紙最厚口(アイボリー)/モノクロ
  • 本文   : 書籍用紙72.5K/モノクロ
  • 印刷方法 : オフセット

 

サイズA6納期150冊300冊600冊
100ページ 超ゆったりコース(10営業日) 33,826 45,251 74,155
ゆったりコース(7営業日) 38,440 51,421 84,268
標準コース(5営業日) 46,127 61,706 101,121
200ページ 超ゆったりコース(10営業日) 64,362 85,052 133,264
ゆったりコース(7営業日) 73,138 96,652 151,436
標準コース(5営業日) 87,766 112,240 181,724
*価格をクリックすると、仕様が入力された3分でわかる!冊子印刷のお見積もり&ご注文ページにリンクします。遷移後に仕様の変更、見積書PDFのダウンロードもできます。
*キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

例えば、100ページ300冊、表紙を色上質紙にした文庫本を、1冊あたり約139円で印刷製本できます。
※2020年1月現在(通常価格、10%割引のPDF入稿、超ゆったりコース(10営業日))

 

参考記事:
文庫の印刷製本と価格、適した用紙は?
無線綴じで作る文庫本 おすすめの用紙で印刷価格をシミュレーション

 

他の用紙や部数、オプションを使った料金は3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文からお確かめください。
サイズや用紙など、クリックして選ぶだけで自動で料金が表示されます。

  1. 最短2営業日出荷 納期が7日、10日と長いほど安い!
  2. 冊から1冊単位でご注文できます
  3. 本印刷前の「試し刷り」
  4. PDF入稿は10%OFF!
  5. 全国送料無料

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月26日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから