株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

本に使われている紙の種類を調べる方法

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

「この本と同じ紙で本を作りたい」

用紙選び

美容室で雑誌の切り抜きを見せ、「この人とおなじ髪型で」といって注文できる気安さが印刷会社にはありません。

お見積り&ご注文フォームで「紙をお選びください」と案内されても、なにを選んでいいか分からないという方が多いのではないでしょうか。
美容師さんはまだ髪型の決まっていない人の髪を(とりあえず)切りはじめることができますが、印刷会社はまだ紙の決まっていないお客さまの本を作りはじめることはできないのです。

 

そこで「この本とおなじ紙で本を作る」を実現するために、背幅計算ツールを使った、お手持ちの本の本文用紙の種類を(ざっくりと)調べる方法をご紹介します。
※この方法は無線綴じの本の本文用紙を調べる場合に限ります

 

お手持ちの本と同じ紙を見つける方法

まず、理想とする書籍(100ページ以上)と定規をご用意ください。
100ページ以上としているのは本の厚みの差を大きくして、用紙を特定しやすくするためで、一般にページ数が増えるほど用紙の違いがはっきりします。

それでは始めてみましょう!

 

まず、背幅計算ツールを開きます。
そして、次の①~⑦の手順で、紙を調べることができます。

 

① 表紙用紙

「上質110K」を選びます(理由は後述)。

 

② ページ数

お持ちの本のページ数をご確認ください。
※ノンブル(ページ番号)のないページもカウントします

 

③ 仕上がりサイズ

なんでも構いません。

 

④ 本文印刷

「両面」、あとの項目はすべて「なし」とします
(できるだけ片面印刷でないもの、口絵・扉・片袖折りのない本をご用意ください)。

 

⑤ 本の「本文のみ」の厚さを計測する

表紙・見返しをひらいて本文だけの厚さを測ります(mm)。
小数点第一位まで読み取ってください(一般的な定規は1mm単位の目盛りなので、だいたいの目測で構いません)。

 

⑥ 測った本文の厚みに0.3mmを加える

①で選んだ表紙用紙「上質110K」は一枚の厚みが0.15mmなので、2枚分(表表紙と裏表紙の厚さ)0.3mmを加えてメモします。

たとえば、本文の厚みが13.5mmであれば、13.8mmとします。

 

⑦ 紙の種類を探す

背幅計算ツールで《本文用紙》をいろいろ切り替えて、メモした「本文の厚み+0.3mm」にもっとも近い紙の種類が、調べたい本の本文用紙の種類のおおよその目安となります。

取扱い用紙

調べるときのご注意

  • 上質紙と書籍用紙、コート紙、マットコート紙にそれぞれ厚さが等しい組み合わせがあり、おなじ計算結果になりますが、見た目でちがいを判断していただけます。
  • モンテシオン、モンテルキアなどのラフ紙は、調べる本の本文をつまむ強さによって厚みを測る誤差が大きくなるため、この方法は使えません。

上質紙と書籍用紙の印刷価格を比較【モノクロ(白黒)冊子に最適な本文用紙】

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月4日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから