株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

本のページが外れた原因と補修方法、セロテープで補修はOK?【背割れ、ページ脱落】

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

本が劣化する原因

本は使っていればやがて壊れてくるものです。

なかでも、無線綴じに多いのが背割れやページの脱落といった現象で、近年、冊子印刷の耐久性が上がっているとはいえ、これを完全になくすことは難しいのが実情です。

無理な開き方、ひっぱり方をしたことが原因であるとしても、ページが外れてしまうのは困りものです。

 

本をセロハンテープで補修するのはあり?なし?

こういうときに、

「とりあえず、貼り付けてしまおう」

と、応急処置としてセロハンテープを使って補修するのはやめましょう。

 

市販のセロハンテープは接着力が強くないため、経年の変色で黄色くなってバリバリと剥がれてきます。

紙にセロハンテープを貼って剥がれた跡には、しっかりと接着のあとが残り、修復した意味がないうえに見栄えがいっそう悪くなる結果を招くことになります。

 

セロハンテープで補修した本は、数年後には必ずこうなります。

ページが外れてセロテープで補修した場合

セロハンテープで補修するより、梱包用のOPPテープなどを使うほうが被害はまだ少なくて済むでしょう。

 

ホットメルト(接着剤)とアイロンを使って本を補修する方法

無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

 

では、より強力に本格的に本を補修できる、無線綴じ冊子の接着剤の性質を利用した方法をご紹介したいと思います。

 

一般的な冊子の印刷製本に使われている糊は「ホットメルト」といって、その言葉のとおり熱で(hot)溶ける(melt)性質があります。

この性質を利用すれば、脱落したページをもとの位置に戻し、背表紙に十分な熱を加えたあとで冷やして固めれば「再製本」することができるはずです。

ホットメルト型の接着剤は180度近くで溶けます。
本の背表紙にアイロンをあてて糊を溶かし、あとは動かないように固定しておけば数時間で元通りになるでしょう。

 

注意点

ホットメルトを使った本の補修は次の4点に注意して行ってください。

  1. アイロンを使用しますのでヤケドに十分注意して行ってください。
  2. 本にアイロンをあてる際は当て布をしてください。
  3. PP加工の表紙、ホットメルトが劣化している本はこの方法では再接着できません。
  4. 本を傷めたり状態が悪化する場合もありますので、作業は自己責任でお願いいたします。

 


ページが外れている本をお持ちの方はいちど試してみてはいかがでしょうか。
イシダ印刷では製本後の状態に関するご質問、ご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月24日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから