株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

本の扉(とびら)って何?役割や使い方のコツ、価格~オプション加工について知ろう(1)~

イシダ印刷では、ご注文の際にお選びいただく項目の一つに「オプション加工」があります。
こちらに記載されている項目は、あまり馴染みがない方が多いかもしれません。
af6138f42f09f0ff57acc2c909a93ab3

「オプション加工ってイマイチよくわからないし、費用もかさみそうだから、なくてもいいかな・・・」
とスル―されている方、いらっしゃいませんか?

もちろん「オプション」ですから利用しなくても本・冊子をつくることは可能です。しかし、オプション加工をうまく活用することで、より本格的な本・冊子に仕上げられます。
このオプション加工について、4回シリーズで一つずつわかりやすく解説していきたいと思います。

 

第2回 地図や年表を見やすくする「片袖折り」 ~オプション加工について知ろう(2)~
第3回 より高級感のある仕上がりにする「片面PP加工」 ~オプション加工について知ろう(3)〜
第4回 「穴あけ加工」の冊子印刷価格や穴の位置について~オプション加工について知ろう(4)~
第5回 無線綴じ冊子の「見返し加工」とは?使い方や価格~オプション加工について知ろう(5)~

 

第1回は「扉(とびら)」についてです。
扉は小説や詩集、新書など多くの書籍で付けられている、一般的な本の加工・装丁で、本の見栄えが良くなり、読みやすく検索性が向上します。

 

「扉」とは?

扉とは、表紙を開いて一番最初に現れるページのことです。

本の構造によっては、本を開いた時の「見返し」の次に「扉」がきます。
見返しとは、表紙の裏に貼り付けてある用紙(効き紙)と、その次にある印刷されていない用紙(遊び)です。ない場合もあります。

binding_img03

本扉と中扉、その役割と場所

本の扉には、「本扉」と「中扉」があります。

 

本扉

表紙を開いて一番最初に現れるページ、最初の扉を本扉」といい、タイトル、出版社名、著者名などが記されています。

いわゆる本の自己紹介のような役割があり、本文の用紙より上質な紙が使われていたり、色の違う用紙が使われたりします。

 

中扉

扉には本扉以外に「中扉」と呼ばれるページがあります
「中扉」とは内容の区切りや、章が始まる入口となるページです。
(ただ「扉」とだけ呼ぶ場合もあり)

 

ページ数が多い本では部や章ごとに、中扉をいくつも入れる場合があります。
分厚い冊子になる場合、中扉を入れることによって格段に読み進めやすくなりますので、おすすめのオプション加工です。

また、複数の著者が寄稿している文集や論文集などで、作者ごとに中扉を挿入することもあります。
「中扉」に載せる文字は、他ページとは区別するためにも、その章の見出しを入れるのみにとどめます。

 

扉を「遊び紙」として使う

扉の用紙に何も印刷せずに、遊び紙として挿入するのもおすすめです。

遊び紙は、表紙と本文の間(巻頭、巻末)に差し込み、 作品の内容や世界観をイメージさせる前置きのような効果や、高級感を演出できる装丁です。

 

本扉と中扉の場所を本の構成から見ると…

小説や論文集、資料集、テキストなどで扉を入れる、基本的な構成は以下の通りです。

表1から表4
表1(表紙)

表2(表紙の裏)



本文1ページ~最終ページ
章、部ごとに中扉

奥付

表3(裏表紙の裏)

表4(裏表紙)


会社案内やカタログ、雑誌などは、扉を設けずに表2から本文1ページが始まり、表3までびっしりと情報を入れることが多いです。

 

扉を使う本や冊子の種類は?

小説や詩集、同人誌、記念誌

これらの書籍は扉ページを入れて、この冊子がどんな本でどんな作者が書いているのかを明示するのが望ましいです。

本文の内容の区切りに使う中扉は、冊子を読みやすくするために重要なパーツとなります。

 

短編集、詩集、アンソロジー、論文集、追悼集、文集

複数の物語や作品をまとめた一冊なら、各パートの章扉、著者の区切りに中扉を挿入すると、作品世界にぐっと入りやすくなります。

アンソロジーの場合は、章扉に作者名とタイトルを綺麗にデザインすると寄稿者にも喜ばれるでしょう。

 

問題集、テキスト

問題ページと回答ページを区別するページとして、中ページ(中扉)を一枚挿入すると使いやすい教材に仕上がります。

 

扉の用紙の選び方

扉に使う用紙は何がいい?

扉の用紙には本文用紙と同じものを使ってもいいですが、用紙の色や種類を変えるとメリハリが生まれ、本を手にとった時に章立てが一目でわかるようになり、高級感も出ます。
扉に本文と違う紙を使うことによって、前小口(本を開く側の辺、背と反対側の手前部分)に色がついて華やかな印象になります。

 

また、中扉にも本文用紙とは違う紙を入れることによって、本を開かなくても小口(背の部分を除いた三方の辺)から扉の位置が分かり、検索性が高くなります。

 

扉に選べる用紙

イシダ印刷では、29色の色上質紙(厚口/中厚口)から「本扉」「中扉」の用紙をお選びいただけます。paper_img04
カラー、モノクロ、片面印刷、両面印刷が可能です。印刷せずに、無地の遊び紙として挿入することも可能です。
扉は20枚まで挿入することができます。

 

扉をつけた冊子印刷 価格シュミレーション

それでは、本や冊子に扉を付けるコストはどのくらいなのか、3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文を使って見てみましょう。

以下のようなA5サイズの文集のような仕様で価格を出してみました。
淡いクリーム色で読みやすくめくりやすい書籍用紙、精緻で本格的なオフセット印刷の扉付き冊子が1冊100円台のコストで印刷製本できる仕様です。

 

● 部数 : 300冊

● サイズ : A5 縦

● 製本方法 : 無線綴じ

● ページ数 : 本文50ページ(+表紙4ページ)

● 用紙 : 表紙/マットコート135K 本文/上質紙70K

● 印刷の色 : 表紙/片面カラー 本文/両面モノクロ

● 印刷方法 : オフセット印刷

 

この仕様で扉を付けない、印刷製本価格は

扉なしの印刷製本価格 30,031円(税込) 一冊あたり100.1円

※通常価格。納期コースが超ゆったり (10営業日)、10%割引のPDF入稿の場合です(2020年6月現在)

 

これに、色上質中厚口(レモン色/片面モノクロ印刷)の扉をつけると、価格は以下のようになります。

扉の枚数 印刷製本価格(税込) 一冊あたり
1枚 36,565 円 121.8円
2枚 43,099 円 143.7円
3枚 49,633 円 165.4円

※通常価格。納期コースが超ゆったりコース (10営業日)、10%割引のPDF入稿の場合です(2020年6月現在)

 

扉1枚につき、1冊当たり約22円程が加算される計算です。
(1冊あたりの価格は部数やサイズ、扉の印刷を両面か片面かなど仕様によって変わります)

300冊なら、約6,600円で全ての冊子に色上質紙の扉を1枚つける事が出来ます。

 

思ったよりお手軽かも!と思った方は、是非挑戦してみましょう。

本や冊子の仕様が決まっている、印刷価格の目安が知りたい方は3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文でチェックしてみてください。

サイズや用紙など、クリックして選ぶだけで自動で印刷価格が表示されます。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

扉の入稿データの作り方と注意点

オプション加工の扉を付ける入稿データは、次の5点に注意して作成しましょう。

 

1. 中扉は必ず偶数ページの次に指定する (例:P10とP11の間)
(奇数ページの次は紙の裏面にあたります。奇数ページの次に扉を指定すると、白紙ページの次に扉が挿入されます)

 

2. 印刷会社へは、本文の総ページ数は「扉は含まない」ページ数を指定する

 

3. 扉の入稿データは、本文とファイルを分けて作成、入稿する

 

4. 扉に印刷しない場合は、白紙の扉の入稿データは必要ない。印刷会社には扉の挿入箇所を指定する。

 

5. 台割りに扉位置を書き込み、確認しながら原稿作りを進める(指定に間違いがなく、迷いません)

 

扉の入れる位置について

 

↑ 見開きタイプの台割表に、本扉、中扉を挿入するイメージです。(左綴じの場合)

参考記事:原稿作りの手順:台割りを作ろう

 

印刷会社に扉を注文、指定する方法

印刷会社へ注文、入稿する際は、オプション加工の「扉」の指定欄に枚数や挿入箇所、扉のファイル名を記入して指定します。

扉の位置とファイル名を指定する(冊子印刷)

 

↑ イシダ印刷の扉オプションの指定欄です。
扉の枚数を選び、注釈欄に挿入箇所やファイル名をご入力ください。

 

本扉1枚ならシンプルですが、複数の扉を入れる場合は、

 

P1の前 → ファイル名:本扉.ai

P04とP05の間 → ファイル名:中扉1.ai

 

のように、扉を挿入する位置と、対応する扉の入稿データのファイル名が分かるように記入しましょう。

 

扉に印刷をしない場合は、扉の白紙ページの入稿データは必要ありません。挿入箇所のみをご指定ください。

 

装丁を取り入れた魅力的な1冊

本の仕上がりをイメージしながら、どのような装丁にしようか考えるのも本作りの醍醐味です。
扉をはじめ、本には様々な加工ができます。イシダ印刷のオプション加工は扉以外にも、表紙のPP加工、見返し、片袖折り、穴あけ加工に対応しています。(オプション加工について

 

デザインはもちろん、加工方法や紙の質感で本の印象は大きく変わります。
読者に作品の魅力や世界観がより伝わる、上質な1冊となる装丁にぜひ取り組んでみてください。

 

扉を使った本・冊子づくりのご質問やご相談はお問い合わせフォーム、またはお電話でお気軽にお問い合わせください。
より良い本づくりに印刷製本の専門スタッフがお応えします。


プロと一緒に プロにまかせて【入稿データ作成代行サービス】

自分史や会報、写真集などの本・冊子の入稿データ作成を文字入力から承っております。
お客様は本が届くまで待っているだけ!
「データの作り方がわからない」「時間がない」を経験豊富なDTPデザイナーと専任アドバイザーが、まるごと解決します。 詳しくはこちらのページをご覧ください。



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短9月26日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから