株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

本一冊の文字数は?1ページの文字数や背幅、最適な文字サイズ、行間から考える

どのくらいの文字数の文章を書くと、本が一冊できるか、実はぱっと計算できない理由があります。

書店に並ぶ小説やビジネス書、テキストなどを見ると、大きな字で行間も余白も広い本もあれば、小さな字がびっしりと詰まっている本もあります。行間、余白、文字のサイズ、本のサイズなどによって、1ページに何文字入るか、何ページの本になるか変わってくるからです。

 

本一冊に必要な文字数の目安、文字数と背幅の関係、標準的なページ設定をご紹介します。

 

本一冊に必要な文字数と、本の背幅

文庫で1冊10~12万字、新書で1冊8~12万文字が目安といわれています。
400字詰め原稿用紙250枚で10万字。文庫や新書の1ページは600文字程度、10万字で167ページです。

見出しや改行、改段、挿絵が入るので、実際の文字数は少なくなります。

 

文庫サイズの文字数と背幅

8万字 原稿用紙200枚 133ページ 背幅 約7mm
10万字 原稿用紙250枚 167ページ 背幅 約8.7mm
12万字 原稿用紙300枚 200ページ 背幅 約10.3mm

※表紙用紙・アートポスト160K/本文用紙・書籍用紙72.5K
背幅計算ツール

 

ページ数の少ない本の文字数

400字詰め原稿用紙100枚書くと4万字、A4サイズで1ページ1200文字とすると、約34ページになります。34ページの無線綴じ製本の背幅は2mm前後です。(上質紙や書籍用紙の場合)
34ページ程度なら、中綴じで製本してももよいくらいの厚さで、パンフレットのような冊子になります。

 

倍量の原稿用紙200枚分、8万字あれば、A4で67ページほど。背幅も3.6mm程度出せ、無線綴じ製本の背表紙がきれいにできる本になります。

 

A4サイズの文字数と背幅

4万字 原稿用紙100枚 34ページ 背幅 約2mm
8万字 原稿用紙200枚 67ページ 背幅 約3.6mm

※表紙用紙・コート紙135K/本文用紙・上質紙70K
背幅計算ツール

 

原稿用紙100枚4万字で、本に厚みを作るなら、文庫サイズ(A6)やA5サイズにすれば1ページあたり600文字で、約67ページ。背幅3.6mm程度の無線綴じにできます。

 

1ページの文字数

行間や余白の設定で、1ページに収められる文字数が調整できます。

 

A4サイズ、余白を25mmほど開けて、さらにヘッダーやフッターなどの余白も考えると、文字サイズ10pt/行間15ptだと、だいたい1200文字入ります。

これは一段で改行、改段なしに文字を流し込んだ場合なので、二段組にして余白を開けたり、タイトルや見出しを入れると文字数は少なくなります。

 

A4冊子の1ページの文字数は、1000~1500字くらいがちょうどいいです。
これより多いと読むのが疲れてしまいますし、少ない場合は、行間を多くとるよりは、余白にイラストを入れたり、ページ数を減らしたりしたほうがいいでしょう。

 

A5サイズや文庫サイズなど小ぶりの本は、1ページ500~800文字くらいが一般的です。

 

標準の文字サイズは8~10pt、行間は文字サイズの1.5倍

長文の場合、読みやすい文字サイズは8~10ptくらいです。

 

資料集、会社案内、カタログ、小説など用途によって多少異なりますが、8~11ptの間であれば、大きすぎるという印象も、小さすぎるという印象も持たれないでしょう。

教科書、学習用テキストなどの文字サイズは大きめで、10.5ptから14pt、小学生向けのワークドリルなどはさらに大きい22pt~28ptでもいいでしょう。

 

行間は、文字サイズの1.5倍あるのが望ましいです。
行と行の間に文字の半分くらいの高さの余白が入るイメージです。

 

あまりにも文字が入りきらない場合は1.3倍程度まで詰めることもありますが、それ以上は読みにくくなるので避けましょう。行間を広げすぎても違和感があるので、1.3~2倍程度がおさまりが良いです。

標準の文字サイズと行間


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短9月26日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから