株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

本文で用紙を2種類つかいたい時はどうする? 挿絵、口絵、グラビアページに最適な本文紙替え

本文で用紙を2種類つかいたい時はどうする? 挿絵、口絵、グラビアページに最適な本文紙替えファッション誌や漫画雑誌などは一つの冊子にいくつもの紙が使われています。ページ数が多く、文字や写真、イラストなど、様々な要素が入る冊子はページによって印刷方法や用紙を変えることが多いです。その方が内容もメリハリがつくし、コスト削減にもなるからです。

例えば文字が中心のエッセイやコラムのページはさらさらした上質紙や書籍用紙、ラフ紙が使われますが、写真のページはつるつるしたコート紙が使われます。特集ページには色付きの紙が使われることもあります。

色付きの紙を挿入してメリハリをつける

本文で用紙を2種類使いたい時、色上質紙ならオプションの「扉」加工で挿入できます。一冊につき最大20枚まで、印刷なし、モノクロ/カラー印刷、片面/両面印刷を自由に選べます。

下記の記事もご参考ください。

本の扉(とびら)とは?役割や使い方のコツ、印刷価格~オプション加工について知ろう(1)~

文字に適した用紙と写真に適した用紙を使い分ける

文字が主体の論文集や資料集、テキストなどは上質紙や書籍用紙で印刷されます。フルカラーの写真やイラストが用いられたパンフレットや会社案内などはコート紙やマットコート紙で印刷されます。

しかし文章が主体の冊子に写真のページを挿入したい時や、写真集や作品集に解説ページを入れたい時など、二つの用紙を混在させる必要があります。

そんな時は、ダイレクト見積もり↓からご連絡ください。

法人のお客様(印刷・製本の外注先をお探しの方へ)

用紙の使い分け方のコツ

どんな内容をどんな紙で刷ればいいのか?

以下を参考にしてみてください。

文字に適した紙

  • 上質紙
  • 書籍用紙
  • ホワイト書籍
  • ラフ書籍
  • 色上質紙

モノクロの文字はどんな紙でも問題なく綺麗に印刷できますが、さらさらした自然な質感で目に優しい紙を選ぶと、より心地よい読書になります。

上質紙は最も安価でプレーンな紙です。論文集や資料集、プレゼン資料などの定番です。

少し色のついた書籍用紙、ホワイト書籍、ラフ書籍は黒い文字とのコントラストを下げ、長文を読んでも疲れないので小説や自分史などにおすすめです。

写真に適した紙

  • コート紙
  • マットコート紙
  • モンテシオン 
  • モンテルキア

写真を印刷する際は、インクの発色を向上させるコーティング剤が塗布されたコート紙を使うと色鮮やかに仕上がります。

コーティング剤が塗布された紙を塗工紙といいます。コーティング剤が塗布されていない非塗工紙でのカラー印刷も十分可能ですが、色が沈んだ印象になります。

モンテシオンとモンテルキアはナチュラルな繊維の質感が生かされた紙ですが、少しコーティング剤が塗布されているので上質紙よりは発色がいいです。

上質紙とコート紙の混在印刷、コート紙と書籍用紙の混在印刷など、紙を変更することで冊子が豪華な印象になるだけでなく、それぞれのページに適した用紙を選ぶことでコスト削減にもつながります。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月6日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから